webデザイナーが働く業界は離職率が高く過酷なのにブラック企業と呼ばれない理由

最近何かと話題に上がり、社会問題にもなっている「ブラック企業」。

ご存じの通り「ブラック企業」とは、長時間におよぶサービス残業や手当なしで休日出勤させるなど法令を無視した過酷な労働環境を強いる企業のことです。

このような企業の多くは離職率が高く、今後厚生労働省はブラック企業対策として離職率を公表していくそうです。

このブラック企業ですが、メディアで取りあげられている企業の多くは「外食産業」や「小売業」などで、web業界はほとんど名前が上がっていません。

しかし、web業界では当たり前の深夜残業はほとんどの場合サービス残業ですし、離職率も非常に高い業界です。

じゃあなぜWeb業界は過酷な労働環境にも関わらずブラック企業と呼ばれていないのでしょうか?

スポンサーリンク

離職率が高いweb業界がブラック企業と呼ばれない理由

  • 過酷な現場だということがわかって入っている
  • webリテラシーが高い人は所属する環境に支配されにくい
  • スキルを活かして転職しやすい
  • 仕事が過酷なかわりに“自由”もある

 

過酷な現場だということがわかって入っている

web業界に限らず、デザイン業界や放送業界などの制作現場の仕事は、昔から深夜まで働いたり徹夜で制作業務をすることが当たり前の世界なので、そもそもこのような業界を目指して入ってくる人のほとんどが、入社する前から過酷な現場だということがわかって入ってきています。

だから深夜残業などは“想定内”なので入社してから「こんなつもりじゃなかった」「ブラック企業だ」といったことを思う人がわりと少ないわけです。

まぁハッキリ言ってこのような業界で働いていると時間の感覚がちょっとおかしくなってくるんですよね。

 

webリテラシーが高い人は所属する環境に支配されにくい

外食産業や小売業などの会社で過酷な労働環境に苦しみながら働き続ける人たちの中には、「他にできる仕事がない」とか「しかたがない」という気持ちを持っている場合が多いと聞きます。

そうするとどんどん視野が狭くなって所属する環境から精神的に支配されていくので、どんなに苦しくても“逃げ場がない”と思い込んでしまい、最悪の場合自殺する人まで出てしまうのです。

一方、web業界で働く人たちには過酷な労働環境でありながらあまりそのような諦めの意識がないように感じるのです。

これはおそらくWeb業界で働く人たちは常にWebやITといったグローバル環境に接しているため自然と視野が広くなり、所属する環境からも精神的に支配されにくいのだと思います。

なので最悪の場合でも「転職すればいい」と楽観的に考えられる人が多く“奴隷状態”になったりはしないわけです。

 

スキルを活かして転職しやすい

web業界は離職率が高いのですが、別にそれはブラック企業かどうかに関係なく離職率が高いのです。

なぜかというと、web業界はスキルが重要視される世界なので能力を活かした転職がしやすく、またフリーランスになる人も多く働き方の選択肢が広いのです。

なので「どんなに苦しくてもこの会社にしがみつかないといけない」といった固定観念がなく、その結果離職率が高くなっているだけなのです。

一方、競争が激化したチェーン系の外食企業などで働いている場合、いくらその会社で頑張っても業務のほとんどがマニュアル化されているため、他の会社でも活かせるスキルがあまり身につきません。

そのため転職もしにくく結果的には「どんなに苦しくてもその会社で働き続ける」か「ただ続けられずに辞める」のどちらかになるのです。

 

仕事が過酷なかわりに“自由”もある

前述したように、web業界では毎日夜遅くまでサービス残業をする過酷な会社は少なくないのですが、逆に“自由”な部分も多いのです。

特に制作現場で働く人であれば大抵の会社は服装や髪型などは自由ですし、仕事中の飲食もOKな場合が多いです。

どうしても長時間パソコンに向かわなければならない状況に配慮し、最近ではできるだけ働きやすい環境になるよう努力する会社も増えています。

このようにweb業界では「業界ならではの過酷さ」と「自由」のバランスをうまくとっている場合が多く、結果として社員から「ブラック企業」と思われることも少ないのです。

 

スキルを武器にやりたい仕事を自分の意思で自由に選ぶことが重要

ここでお話した内容はあくまでも私が今までの経験をもとに感じた傾向であり、一概にweb業界がブラック企業じゃないってことではありませんし、もちろん外食産業や小売業のすべてがブラック企業だということでもありません。

ただ私が考える「過酷なweb業界がブラック企業と呼ばれない理由」から見えてくることは、ブラック企業問題というのは企業側の問題も大きいでしょうが、同じくらい働く側の意識の問題も大きいのではないかということです。

これからの時代は、いかにしてやりたい仕事を自分の意思で自由に選べるかが重要になっていくでしょうし、その自由を手に入れて働き方をデザインしながら生きていくことが必要不可欠になるでしょう。

 

webクリエイターがスキルを活かして転職するには

デザイナーやエンジニアなどwebクリエイターの方が転職活動をする場合、やはりWeb業界に特化した転職エージェントを利用するのが有利。

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書の書き方、面接対策など転職活動をサポートしてくれるサービスのこと。

Web業界に強い転職エージェントは数多くありますが、一番のおすすめは大手マイナビグループが運営する【マイナビクリエイター】です。

マイナビクリエイターでは、クリエイティブ職の転職を専門にコンサルティングしているキャリアアドバイザーが、求人紹介だけでなく履歴書やポートフォリオの添削、面接対策、企業への推薦状作成など様々なサポートを全て無料で行ってくれます。

クリエイティブ系専門の転職エージェントの中では一歩抜きん出た存在と言えますね。

大手マイナビグループの運営なので保有求人数も業界トップクラス。

異業種への転職を目指す方にも支持されている、安心感・信頼性の高い転職エージェントです。

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

女性こそ「フリーランスとして働けること」が結婚後の人生において強みになる

フリーランスは女性にとって最強の働き方。結婚後も仕事を続ける方法

結婚や出産をした後も働き続ける女性は年々増加していると、ニュースなどでよく耳にしますよね。 昔のように、結婚して専業主婦として家庭に入る…みたいな考えの…

Web系企業の求人を効率よく探す方法

Webデザイナーの求人を探すおすすめの方法は?

Webデザイナーの会社とひとくちに言っても実に幅が広く、様々な分野があります。 入社した会社がどんな事業やサービスをしているかによっても経験できることが違っ…

経理がわからないフリーランス・個人事業主におすすめの会計ソフト『freee』

簿記・経理初心者でも簡単!おすすめクラウド会計ソフトfreee

簿記や経理がわからなくても大丈夫! フリーランス・個人事業主におすすめのクラウド会計ソフトfreee(フリー) フリーランス(個人事業主)になって大…

フリーランスになるハードルが一気に下がる!「ハイブリッドワーク」という働き方

フリーランスで失敗しない「ダブルワーク」という働き方

会社を辞め、独立してフリーランスのwebデザイナーやエンジニアとして生活することに憧れを抱いている方はたくさんいると思います。 ただやっぱり現実問題として「…

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(時間編)

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(時間編)

昨日に引き続き、「お金では買えないフリーランス生活の豊かさ」シリーズです。 第三弾目となる今回は、“時間”について取り上げてみたいと思います。 参考…

仕事をするwebデザイナー

webデザイナーの仕事が「ブラック」ではないと言える理由

ここ数年、世間では過酷な労働を強いる企業が名指しで取り上げられ、「ブラック企業」や「ブラック労働」といったレッテルを貼られたりして社会問題化しています。 こ…

フリーランスの場合「単価を下げるくらいなら仕事を断るべき」理由

フリーランスの場合「単価を下げるくらいなら仕事を断るべき」理由

毎月一定のお給料をもらっていた会社員時代とは違い、独立してフリーランスになると、仕事の成果に対して収入が決まってきます。 webデザイナーやプログラマー、ラ…

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(住環境編)

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(住まい編)

以前、お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(食生活編)という記事で、私がフリーランス生活を過ごす中で特に“豊かさ”を感じている「食生活」についてお話しまし…

会社員とフリーランスで異なる労働時間と収入の関係

会社員とフリーランスで異なる「労働時間」と「収入」の関係

“何をして過ごすかを自分の意思で決められる時間”は1日にどのくらいありますか? 当たり前ですが1日が24時間であることは老若男女みんな同じですし、どんな生き…

フリーランスとして独立するまでのWeb業界での働き方

フリーランスWebデザイナーとして独立するまでの働き方

将来、フリーランスのWebデザイナーとして独立したいという夢を持ちながらWeb業界の会社に勤めている方も多いかと思います。 そういった場合、どのような目標設…

上に戻る▲