フリーランスに必要な自己管理が簡単にできる「朝型生活」のススメ

[カテゴリ]フリーランス生活

独立してフリーランスになると、仕事内容や働く時間など基本的にはなんでも自分の思い通りに決めることができます。

しかし、逆の見方をすると他者に決められた規則や指示がないので全て自分自身で管理していかなければなりません。

なのでフリーランスとして活動してけるかどうかは自己管理能力に大きく左右されるんです。

スポンサーリンク

フリーランス生活に必要な自己管理能力を身につけよう!

自由すぎる生活に潜む「落とし穴」

晴れてフリーランスになると、会社勤めをしていた頃のように決められた時間に出社し社内の規則や指示に従いながら働くのではなく、好きな時間に起きて好きな時間に仕事ができます。決められた勤務時間もなければ怒られる上司もいません。

まさに「自由」を手に入れることができるのです。

これはフリーランスとして働く大きなメリットの一つなんですが、その一方でこの自由すぎる状況に甘んじてしまうと、やらなければいけない仕事がなかなか手につかなかったり集中できなかったりして、その結果、納期に支障が出てきたり、制作物のクオリティが低下してしまうことが考えられます。

そうするとクライアントに迷惑がかかり、やがて信用を失ってしまい下手をすると仕事を依頼してもらえなくなるかもしれません。

また、会社勤めの頃のように決まった出勤時間がないため、自己管理能力の低い人なんかは昼ごろに起きてダラダラと過ごしてしまい、エンジンがかかる頃にはもう夕方。結局夜中や朝方まで仕事をすることになり、また昼ごろまで寝る。

といった「夜型生活」のサイクルに陥りがちです。こうなると私生活や健康にまで影響を及ぼしてしまいます。

これではいくら仕事のスキルが高くてもフリーランスとして長く活動していくのは難しくなってくるでしょう。

自己管理が簡単にできる「朝型生活」のメリット

前述した理由から、実際フリーランスで活動している人の中には「夜型」の生活を送っているケースが少なくないのですが、私の場合はまったく逆の「朝型生活」を送っているんです。

独立してフリーランスになる前のウェブ制作会社に勤めていた頃は、毎日夜遅くまで働いていたため寝床につくのはいつも深夜でしたから、どうしても朝は出社時間に間に合うギリギリの8時半くらいまで寝ていました。

ところがフリーランスになった現在では毎朝7時くらいに起床し、8時にはパソコンに向かって仕事を始めています。
そして毎晩12時くらいには就寝しています。
ハッキリ言って毎日こんなタイムサイクルで生活しているフリーランスのウェブデザイナーなんてほとんどいないと思います(笑)。

ではなぜ私がフリーランスなのに「朝型生活」を送っているのかというと、特に「自己管理」を意識しなくても規則正しい生活ができて仕事の能率も上がるというメリットがあるからです。

「朝型生活」のメリット

  • 朝は頭が冴えていて疲労感もないので仕事のパフォーマンスが高い。
  • 朝は取引先からの連絡(電話・メール)があまりこないので集中しやすい。
  • 午前中に集中して仕事量をこなすと午後からは精神的な余裕が生まれ、その結果、納期等に追い詰められにくい。
  • 体調がよくなり、その結果、仕事のパフォーマンスが上がる。
  • 夕食や入浴、読書やテレビ鑑賞など、夜のリラックスタイムを満喫できる。
  • 会社勤めの頃ならまだ仕事をしていたであろう時間に就寝できる。

 

細かく言うともっといろいろあるでしょうが、パッと思いつくだけでもこのようなメリットがあげられます。

つまり午前中という生産性の高まる時間帯を最大限活かすことで、生産性が下がりやすい午後に時間的&精神的アドバンテージを与えることができるのです。

結果としてミスや納期遅れなどが少なくなり取引先への信頼も安定してきます。

さらに私生活にも良い影響を与え、健康状態まで良くなるという好循環が生まれるのです。

「朝型生活」をしている人で自己管理能力が低い人はいません!

元々早起きが苦手だった人でもこの「朝型生活」に慣れてしまうと、特に辛さは感じなくなると思いますし、一度「午前中」の価値を知ってしまうと、朝遅くまで寝ていることがもったいなく感じるようになるでしょう。

「朝型生活」をしている人は「午前中」の価値をたとえ無意識であっても感じているのです。

前述したように「朝型生活」の最大のメリットは、特に自己管理を意識しなくても自己管理能力が高い人になれるというところにあります。

私は「朝型生活」をしているのに自己管理能力が低い人なんて出会ったことがありません。

フリーランスウェブデザイナーのような「夜型生活」に陥りやすい職業こそ「朝型生活」の効果はとても大きいと思いますので使わない手はありません。

これから独立してフリーランスになろうと考えている方や、現在「夜型生活」になっているフリーランスの方には是非実行していただきたい自己管理方法なので、「朝型生活」で生活クオリティの高いフリーランス人生を手に入れましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

関連コンテンツ

フリーランスの場合「単価を下げるくらいなら仕事を断るべき」理由

フリーランスの場合「単価を下げるくらいなら仕事を断るべき」理由

毎月一定のお給料をもらっていた会社員時代とは違い、独立してフリーランスになると、仕事の成果に対して収入が決まってきます。 webデザイナーやプログラマー、ラ…

意外と知らない「企業がフリーランスに仕事を依頼するメリット」

意外と知らない「企業がフリーランスに仕事を依頼するメリット」

世の中にはフリーランスという立場でwebデザイナーやエンジニアとして生活している方が数多くいます。 これから自分も独立してフリーランスのwebデザイナーにな…

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(時間編)

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(時間編)

昨日に引き続き、「お金では買えないフリーランス生活の豊かさ」シリーズです。 第三弾目となる今回は、“時間”について取り上げてみたいと思います。 参考…

会社員とフリーランスで異なる労働時間と収入の関係

会社員とフリーランスで異なる「労働時間」と「収入」の関係

“何をして過ごすかを自分の意思で決められる時間”は1日にどのくらいありますか? 当たり前ですが1日が24時間であることは老若男女みんな同じですし、どんな生き…

女性こそ「フリーランスとして働けること」が結婚後の人生において強みになる

フリーランスは女性にとって最強の働き方。結婚後も仕事を続ける方法

結婚や出産をした後も働き続ける女性は年々増加していると、ニュースなどでよく耳にしますよね。 昔のように、結婚して専業主婦として家庭に入る…みたいな考えの…

フリーランスとして独立するまでのWeb業界での働き方

フリーランスWebデザイナーとして独立するまでの働き方

将来、フリーランスのWebデザイナーとして独立したいという夢を持ちながらWeb業界の会社に勤めている方も多いかと思います。 そういった場合、どのような目標設…

フリーランスになるか悩んでいる男性会社員

フリーランスになりたい会社員の多くが独立しない理由

フリーランスになりたいと思っている会社員(独立希望者)はたくさんいるはずなのに、実際に独立してフリーランスになる人はほんの僅かです。 本当はフリーランスとし…

フリーランス・個人事業主の節税小規模企業共済制度

節税効果大!フリーランス・個人事業主の小規模企業共済まとめ

私は、平成25年2月から「小規模企業共済」という個人事業主やフリーランスのために作られた、退職金を積み立てる共済制度に加入しています。 私のようなフリー…

フリーランスの独立開業手続き・準備物まとめ

【保存版】個人事業主(フリーランス)の開業準備に必要なもの・手続きまとめ

私は2011年の3月に勤めていた会社を退職し、フリーランス(個人事業主)のwebデザイナーとして独立しました。 法人としてではなく、個人事業主として独立…

電卓の上にいるビジネスマン

【フリーランスの節税】自宅兼事務所なら家賃の一部を経費に計上しよう

自宅の一部を事務所として使用する場合、家賃の一部を経費に計上できます。 私自身もそうなんですが、フリーランスとして働くwebデザイナーやフリーライターなどの…

上に戻る▲