ウェブ未経験者がWeb業界の就職面接を攻略する方法

[カテゴリ]就職・転職

応募・エントリーをして書類選考を通過すると今度は就職面接(採用面接)となります。
面接の回数ですが、中小企業規模であれば1次面接(採用担当者)2次面接(社長面接)の2回というパターンが一番多いと思います。

従業員数名の小規模な会社であれば1回だけのケースもありますし、中規模以上の企業であれば3回くらい面接する会社もあります。
僕が入った会社の採用面接は1回(採用担当者2名)だけでした。(アルバイト採用枠だったからかもしれません)

スポンサーリンク

ウェブ未経験者でも採用したいのは“忍耐強く頑張れる人”

ウェブ業界未経験者の採用基準は「やる気」

Web業界の未経験者にとって就職面接で気になるのは、「いったい何を聞かれるの?」ってことだと思います。

これに関しては会社によって様々ですし、一概には言えないんですが、基本的には専門的知識やスキルに関することではなく、Web業界の仕事の中で興味がある分野ややりたいこと、得意なこと、将来どうなりたいか、頑張れるか、などなど、どちらかというと「どんな考えの人なのか」「やる気があるか」といった部分を判断するための質問が多いと思います。
ですので、本当に入りたい会社なのであれば全力でやる気をアピールするべきです。

 

積極的に質問をして「ウェブ業界への興味」や「コミュニケーション能力」をアピール

もうひとつ就職面接の主な内容としては、その企業がどのようなサービスを提供しているのかやスタッフがどんな業務をしているのかなどを採用担当者の方から説明を受けます。

この時に、応募者側からの質問はないか聞かれることがほとんどなので、前もってその会社のサービスなどをしっかりと下調べし、聞きたいことを事前に準備しておくべきです。そして絶対に質問をすべきです。

応募者の方から質問をすることで本当にこの会社で働きたい!興味がある!という熱意をアピールすることが出来るからです。
ただ、質問内容が“ググればわかる”ようなものでは逆効果になりかねません。
「そんなことくらい下調べしてこいよ。」と思われるかもしれないからです。

なので例えば、あえて同業他社の名前を出しながら業界の実情なんかの突っ込んだ質問をしていくのです。
もちろんそのためには応募した会社のことだけでなく同業他社のサービス内容まで下調べしておく必要がありますが、その業界への関心度をさりげなく興味をアピールできます。

また、「スタッフの方が働いている現場を見せてもらえませんか?」といってオフィスを見せてもらうのも面白い方法です。
採用されれば実際に働く現場なのですから、実際に見ておきたいというのもありますし、本当にここで働きたいと考えているということを感じさせることができます。
さらにその時スタッフの方に質問をしたり会話をしてちょっとしたコミュニケーションがとれれば「コミュニケーション能力」や「社交性」もアピールできます。

 

Web業界未経験者が就職面接を突破する一番のポイントは「スキル」より「熱意」

ウェブ業界では深夜まで残業することも多く、働くのはそれなりに過酷でなので辞めていく人も多い業界です。
未経験者ならなおさらで、入社してすぐに辞めてしまう人も少なくありません。

だからこそ採用する側も“忍耐強く頑張れる人”かどうかが一番ポイントになってくるんです。
web業界未経験者なら背伸びしてスキルをアピールしようとしても“ボロ”が出てしまうのがオチなので、「熱意」や「やる気」「コミュニケーション能力」といった部分を積極的にアピールすることが就職面接を突破する一番の近道でしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

仕事をするwebデザイナー

過酷なweb業界の仕事が「ブラック」ではないと言える理由は技術が習得できるから

ここ数年、世間では過酷な労働を強いる企業が名指しで取り上げられ、「ブラック企業」や「ブラック労働」といったレッテルを貼られたりして社会問題化しています。この過…

パソコンがあるデスク

webデザイナーがデザインセンスを身につける方法

皆さんはよく「このデザインすごくセンスいいね」とか「私はデザインセンスがないから」なんていうことを言ったり聞いたりしませんか?webデザイナーを目指している方…

Web業界の就職活動を短期間で乗り切る方法

Web業界の就職活動を短期間で乗り切る方法

PCスクールや独学などでひと通りwebデザインを勉強し、ポートフォリオにする作品もいくつか作成できてしまえば、今度はいよいよ就職活動を始める段階です!Web業…

30代未経験からWeb業界で独立するためのキャリアプランニング

30代未経験からWeb業界で独立するためのキャリアプランニング

「キャリアプランニング」という言葉はどんな仕事をしていてもよく耳にする言葉ですし、その重要性も様々なところで語られています。 Web業界でも例外ではなく、独立…

30代未経験からwebデザインを学ぶ方法

30代未経験からwebデザインを学ぶ方法

webデザインを一から学びたいけど、いったいどうやって勉強したらいいんだろう… と悩んでいる方も多いかと思います。 30代未経験からwebデザインを学ぶ最適な…

Web系企業の求人を効率よく探す方法

Web・IT系の仕事(求人)を探す方法

Web業界の会社とひとくちに言っても実に幅が広く、様々な分野があります。 入社した会社がどんな事業やサービスをしているかによっても経験できることが違ってくるの…

フリーランスとして独立するまでのWeb業界での働き方

フリーランスとして独立するまでのWeb業界での働き方

将来フリーランスとして独立したいという夢を持ちながらウェブ業界の会社に勤めている方も多いかと思います。 そんな方の場合、どのような目標設定をし、どういったモチ…

Web業界未経験でも採用される人の共通点

Web業界未経験でも採用される人の共通点

Web業界の未経験者が就職活動でもっとも気になることといえばやっぱりスキルに対する評価ですよね。 僕も一番の不安はそこでした。僕自信も実際求人に応募しても書類…

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは多くの人が目指している職業であることから“飽和状態”といわれることがあります。30代未経験からwebデザイナーになりたいとお考えの方々にとっ…

パソコンをする女性

webデザインを趣味としてやっている「アマチュア」と、仕事としてやっている「プロ」の違い

このサイトをご覧の皆さんには、趣味としてウェブデザインをしているアマチュアの方もいらっしゃるのではないかと思います。そしてその中には仕事としてwebデザインを…

上に戻る▲