未経験Webデザイナーでも転職できるポートフォリオ制作の極意

[カテゴリ]webデザイナー転職

デザインやHTMLなどWeb制作の基礎力がある程度身についたら実際にWebサイトを制作してみましょう。

そして最終的にそれを転職活動用のポートフォリオに使用します。

ここでは、私が考える“未経験Webデザイナーでも転職できるポートフォリオ制作の極意”を伝授します。(←大げさ?)

スポンサーリンク

未経験Webデザイナーなら「技術」基準ではなく「アピールポイント」基準でポートフォリオを作成する

 

未経験Webデザイナーが転職するための3つのアピールポイント

  • 架空Webサイトの制作は徹底的に作り込んで「こだわり」をアピール!
  • 知人の会社のWebサイト制作など実務体験をして「積極性」をアピール!
  • ポートフォリオのインターフェイスで「遊び心」をアピール!

 

架空Webサイトの制作は徹底的に作り込んで「こだわり」をアピール!

PCスクールなどに通っている方なら色々なサイト制作の課題が用意されていますし、そうでない方は自分で架空に設定したWebサイトを作成すればいいのですが、このような作品は所詮架空のWebサイトなので、普通に作ったのでは単にデザインやコーディングなどの「技術」しか評価するポイントがありません。

しかし未経験Webデザイナーの場合は、アピールできるほどの技術を持っていないのが普通なので、結果として大した評価にはならないのです。

それよりも「ここまでやるか!」というくらい徹底的な作り込みをすることで「こだわり」をアピールする方が結果的には印象に残り、いわゆる“キャラ立ち”できるのです。

例えば、ネット通販業界のウェブ制作部門に転職したいと考えている方が架空サイトの作品として「ラーメンの通販サイト」を制作するとしましょう。

架空サイトなので、ラーメンの写真はネット上からフリー素材などを利用するのが手っ取り早い方法でしょうが、これを実際自分でどこかのラーメンを買ってきて調理し、家族や友人などに協力してもらって撮影をするのです。

そうするとラーメンの写真だけでなく、美味しそうに食べているところや作り方の手順などの写真まで撮影できるので、フリー素材で作成したページでは作れないコンテンツが作れますし、フリー素材では出せないような臨場感や訴求感も表現できます。

たとえフリー素材より写真自体のクオリティは低くても圧倒的にオリジナル感が出せるので、採用担当者に「たかが架空サイトの写真でここまでやるか!」という印象を与え、制作者の熱意をアピールすることができるのです。

またキャッチコピーや説明文などのコメントも適当な文言をダミーテキストとして挿入するのではなく、インパクトのあるキャッチコピーや商品の魅力を引き出すコメントを考え、“売れるページ作り”を意識して作るのです。

これくらいやれば技術的なクオリティはそんなに高くなくても、必ず採用担当者は興味を持って見てくれますし、「こだわりを持った面白みのある人」という印象を与えることができます。

ここではラーメンの通販サイトを例に説明しましたが、企業サイトやポータルサイトなどを作成する場合でも、いかにして作品から「こだわり」をアピールするかの考え方は同じです。

 

知人の会社のWebサイト制作などで実務体験をして「積極性」をアピール!

PCスクールなどに通っている方なら、色々なWebサイト制作の課題が用意されているのでポートフォリオ用の作品としても利用することが出来ます。

しかしPCスクールで用意された課題を作成しただけでは、いくらクオリティが高くても未経験で企業から採用を勝ち取るためには不十分なんです。

なぜかというとスクールから与えられた課題をこなしただけでは“課題を与えられないと何も行動しない人”という印象を持たれてしまうからです。

そこで、知人や友人などが関わる会社やコニュニティにサイト制作をさせてもらえるところがないか当たってみて、たとえ無償でもやらせてもらうんです。

これなら、自らクライアントを探し出してでも実務体験がしたいという「積極性」がアピールできますし、何より架空のWebサイトではなく実際に使用されるサイトなわけですから、クライアントとの打ち合わせに始まり、要望のヒアリングやデザイン提案、修正対応といったような納品に至るまでの実務に近い制作フローが体験できます。

つまりスクールの課題では決して体験できないような実務の苦労なんかも少しは経験できるわけです。

このあたりの経験もアピールポイントになるので、ポートフォリオには感想などを付け加えるとよいでしょう。

 

ポートフォリオのインターフェイスで「遊び心」をアピール!

いくつかの作品ができたら、それをひとまとめにして見ることが出来るポートフォリオのインターフェイス(サイト)を作成します。

ここでアピールしたいのが「遊び心」です。

ポートフォリオに入れる作品ひとつひとつは実務に置き換えた場合、クライアントが存在したり、それぞれのWebサイトに役割があるものなので、制作者自信の遊び心というよりは「実務」を想定しながら制作に取り組んだことをアピールした方がいいのですが、ポートフォリオのインターフェイス自体は、自己アピールがコンテンツの役割であり本質なので、自由に表現すればいいのです。

「動き」を取り入れた表現が得意なら、その技術をふんだんに盛り込んでアピールすればいいですし、ハイクオリティなグラフィック制作が得意なら圧倒的な表現力をアピールすべきです。

技術的にアピールできる部分がない方でも“自分らしさ”や“オリジナリティ”を表現すればいいので、真面目すぎたり面白みのないデザインにはならないよう気をつけたいところです。

せっかくの自己アピールできる場ですからね。

ただ、あくまでもポートフォリオの主役はその中に入れているひとつひとつの作品なので、それがわかりづらくなったり使いにくいユーザインターフェイスにならないよう意識して作らないといけないですが、採用担当者のファーストビューにもなるわけなので、できることなら無難なものではなく“心を掴む”インターフェイスに仕上げましょう。

 

「こだわり」「積極性」「遊び心」の3つがアピールできれば未経験Webデザイナーでも採用を勝ち取れます!

このように、未経験Webデザイナーなら「技術」をアピールするのではなく「こだわり」「積極性」「遊び心」という、たとえ技術が未熟でもアピールしていけるポイントで戦えば勝算は大いにあるのです。

ハッキリ言ってこの3つを持っていると感じる応募者だったら、多くのWeb系企業は未経験者でも欲しい!と思うはずです。

とにかく、この3つをしっかりと意識してポートフォリオを作成し、自信を持って転職活動に挑めるようにしましょう。

 

転職エージェントに登録して転職のプロにサポートしてもらおう

未経験の方が転職するには、やはりWeb業界に特化した転職エージェントを利用するのが有利。

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書の書き方、面接対策など転職活動をサポートしてくれるサービスのこと。

Web業界に強い転職エージェントは数多くありますが、一番のおすすめは業界トップクラスの求人数を保有する「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリアは、キャリアコンサルタントの実績と丁寧な対応に定評がある、IT/Web系のデザイナー、エンジニア向けに特化した転職エージェント。

IT・Webの業界や技術に精通した専任スタッフが、キャリアの相談から企業の紹介、条件面交渉など転職活動をトータルにサポートしてくれます。

クリエイティブ系専門の転職エージェントの中では一歩抜きん出た存在と言えますね。

初めて転職活動をするなら、とりあえず登録だけはしておきたい転職エージェントです。

関連記事 Webデザイナー・エンジニアの転職・求人に強い転職エージェントBest3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

関連コンテンツ

ウェブ未経験者がWeb業界の就職面接を攻略する方法

未経験Webデザイナーが転職面接を攻略する方法

応募・エントリーをして書類選考を通過すると今度は就職面接(採用面接)となります。 面接の回数ですが、中小企業規模であれば1次面接(採用担当者)2次面接(社長…

Web系企業の求人を効率よく探す方法

Webデザイナーの求人を探すおすすめの方法は?

Webデザイナーの会社とひとくちに言っても実に幅が広く、様々な分野があります。 入社した会社がどんな事業やサービスをしているかによっても経験できることが違っ…

過労で疲れた男性

webデザイナーが働く業界は離職率が高く過酷なのにブラック企業と呼ばれない理由

最近何かと話題に上がり、社会問題にもなっている「ブラック企業」。 ご存じの通り「ブラック企業」とは、長時間におよぶサービス残業や手当なしで休日出勤させるなど…

仕事をするwebデザイナー

webデザイナーの仕事が「ブラック」ではないと言える理由

ここ数年、世間では過酷な労働を強いる企業が名指しで取り上げられ、「ブラック企業」や「ブラック労働」といったレッテルを貼られたりして社会問題化しています。 こ…

30代未経験からwebデザインを学ぶ方法

Webデザイナーに転職したい人がWebデザインを学ぶおすすめの方法

Webデザイナーに転職するためにwebデザインを一から学びたいけど、いったいどうやって勉強したらいいんだろう… と悩んでいる方は多いと思います。 そこで、…

web制作会社は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界の会社に勤めていると離職率の高さを実感します。 私は現在フリーランスとしてwebデザイナーをやっていますが、以前はとあるweb制作会社に勤めていま…

Web業界未経験でも採用される人の共通点

未経験Webデザイナーでも転職できる人の共通点

未経験Webデザイナーが転職活動でもっとも気になることといえばやっぱりスキルに対する評価ですよね。 私も一番の不安はそこでした。 私自信、実際求人に応募し…

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは多くの人が目指している職業であることから、“飽和状態”とも言われています。 未経験からwebデザイナーに転職したいとお考えの方にとっては特…

パソコンがあるデスク

webデザイナーに転職したい人がデザインセンスを身につける方法

「このデザインすごくセンスいいね」 「私はデザインセンスがないから」 こんな言葉をよく聞いたり言ったりしていませんか? webデザイナーへの転職を考えて…

パソコンをする女性

Webデザインを趣味でやっている「アマチュア」と、仕事としてやっている「プロ」の違い

Webデザイナーの中には、仕事としてではなく趣味でWebデザインをしているアマチュアの方もいます。 その中には仕事としてWebデザインをするプロのWebデザ…

上に戻る▲