Webデザイナーの求人を探すおすすめの方法は?

[カテゴリ]webデザイナー転職

Webデザイナーの会社とひとくちに言っても実に幅が広く、様々な分野があります。

入社した会社がどんな事業やサービスをしているかによっても経験できることが違ってくるので身につけることができるスキルやノウハウも変わってきます。

例えば将来、ネット通販でお店をやりたい!という夢をお持ちの方ならECサイトを運営している会社に入ればスキルやノウハウが効率よく身につくでしょうし、アプリ制作で独立したい!という方ならスマホアプリ開発などをおこなう会社がいいでしょう。

とにかく将来、独立後にやりたい分野に近い仕事内容であれば、しんどいことも乗りきれるでしょうし、独立への一番の近道といえます。

スポンサーリンク

Webデザイナーの求人探しに利用できるサービスはフル活用しよう!

次に、Webデザイナーの求人探しの方法ですが、私が求人探しに利用したのは以下の3つです。

  • Web業界専門の求人サイト
  • ハローワーク
  • PCスクールからの紹介

 

Web業界専門の求人サイト

私が実際に採用されて入った会社はWeb業界の転職・求人サイトFind Job!で見つけて応募しました。

Find Job!はWeb業界専門の求人サイトであり、掲載コストの安さなどから多くのWeb系企業が利用しているのでお薦めのサイトです。

ミクシィが運営しているサービスとしても有名ですよね。

私は就職活動を始めるまでFind Job!の存在すら知りませんでしたが、通っていたPCスクールのスタッフの方に教えてもらったこともあって私が就職活動をする上で最も多く利用したサイトです。

その他にも、現在では当時私が就職活動をしていた頃よりも多くのWeb系求人サイトがあり、「Web 求人」などで検索すればズラリと出てきます。

Web業界専門の求人サイトは掲載数も多く簡単にチェックできてすぐにエントリー可能なので、就職活動を集中して一気に乗り切るためにもフル活用することをおすすめします。

ですので基本的にはWeb系求人サイトを中心に探すのがベストです。

 

ハローワーク

公的機関であるハローワークにも数多くのWebデザイナーの求人情報があり、仕事探しの手段の1つとして多くの方が活用されています。

ハローワークには比較的応募資格や書類選考のハードルが低い求人が多く、未経験からの求職者にとっては大きなメリットです。
しかし実はデメリットも多くあるんです。

まず企業側は無料で求人広告が出せるため、求人費用を捻出できないくらい厳しい経営状態の企業も利用できるのです。

さらに公的機関であるがために掲載する企業を選別することは難しく、結果として民間の求人サイトなどが利用できないような利益が出ていない企業や中にはブラック企業と言われるようなところも存在する場合があるようです。

ちなみに私がハローワークから応募し面接を受けたのは1社だけなんですが、その会社の二次面接(社長面接)がちょっと圧迫面接のような感じでして、しかも採用・不採用の連絡は結局いつまで待っても来ませんでした。

1社だけしか応募していないのでたまたまかもしれないですし一概には言えませんが、このようなことは民間の求人サイトから応募した企業では一度もなかったです。

それと、ハローワークを利用した場合、民間の求人サイトを利用して就職活動した場合に比べて時間効率が非常に悪いのです。

ハローワークではスタッフにいちいち電話で企業に連絡をしてもらったり、紹介状がないと応募できなかったりなどなど、かなりアナログな方法をとらないといけないので、私がお勧めする「集中して一気に乗り切る!」といった就職活動には不向きかもしれません。

ハローワークはあくまでも選択肢の1つというくらいの位置づけで考えたほうがよいでしょう。

 

 

PCスクールからの紹介

私はPCスクールに通ってwebデザインを勉強したのですが、そのスクールで学んでいる生徒を求める企業からの求人が結構あって、実際そこから3社ほど応募しました。

多くの場合、どんな企業なのかスクールのスタッフが把握していたりするので、ミスマッチが防げるというメリットがあります。

ほとんどの民間のPCスクールには企業からの求人があって、スタッフによる転職サポートサービスなども充実しています。

私の通っていたスクールでは面接の練習やカウンセリングなどもやってもらえました。

民間のPCスクールはそれなりに学費がかかりますが、このあたりのサービスは大きなメリットですので、スクールに通っている方は最大限活用したいところです。

また、ハローワークの職業訓練校で学んでいる方も民間のスクールほどではないでしょうが、転職サポートしてもらえる部分はあると思うので大いに活用しましょう。

 

転職エージェントに登録して転職のプロにサポートしてもらおう

Webデザイナーの求人を探すなら、やはりWeb業界に特化した転職エージェントを利用するのが有利。

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書の書き方、面接対策など転職活動をサポートしてくれるサービスのこと。

Web業界に強い転職エージェントは数多くありますが、一番のおすすめは業界トップクラスの求人数を保有する「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリアは、キャリアコンサルタントの実績と丁寧な対応に定評がある、IT/Web系のデザイナー、エンジニア向けに特化した転職エージェント。

IT・Webの業界や技術に精通した専任スタッフが、キャリアの相談から企業の紹介、条件面交渉など転職活動をトータルにサポートしてくれます。

クリエイティブ系専門の転職エージェントの中では一歩抜きん出た存在と言えますね。

初めて転職活動をするなら、とりあえず登録だけはしておきたい転職エージェントです。

レバテックキャリア公式サイト↓

関連記事 Webデザイナー向け転職エージェントおすすめBest3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

関連コンテンツ

Web業界の就職活動を短期間で乗り切る方法

Webデザイナーの転職活動を短期間で乗り切る方法

PCスクールや独学などでひと通りwebデザインを勉強し、ポートフォリオにする作品もいくつか作成できてしまえば、今度はいよいよ転職活動を始める段階です。 We…

30代未経験でもWeb制作会社に採用されるポートフォリオの極意

未経験Webデザイナーでも採用されるポートフォリオ制作の極意

デザインやHTMLなどWeb制作の基礎力がある程度身についたら実際にWebサイトを制作してみましょう。 そして最終的にそれを転職活動用のポートフォリオに使用…

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは多くの人が目指している職業であることから、“飽和状態”とも言われています。 未経験からwebデザイナーに転職したいとお考えの方にとっては特…

パソコンをする女性

Webデザインを趣味でやっている「アマチュア」と、仕事としてやっている「プロ」の違い

Webデザイナーの中には、仕事としてではなく趣味でWebデザインをしているアマチュアの方もいます。 その中には仕事としてWebデザインをするプロのWebデザ…

ウェブ未経験者がWeb業界の就職面接を攻略する方法

未経験Webデザイナーが転職面接を攻略する方法

応募・エントリーをして書類選考を通過すると今度は就職面接(採用面接)となります。 面接の回数ですが、中小企業規模であれば1次面接(採用担当者)2次面接(社長…

Web業界未経験でも採用される人の共通点

未経験Webデザイナーでも採用される転職活動の戦い方

未経験Webデザイナーが転職活動する際に心配なことは何でしょうか? 色々あるでしょうが、やっぱり一番気になるのはスキルに対する評価ですよね。 未経験Web…

30代未経験からWeb業界で独立するためのキャリアプランニング

未経験からWebデザイナーとして独立するためのキャリアプランニング

「キャリアプランニング」という言葉はどんな仕事をしていてもよく耳にする言葉ですし、その重要性も様々なところで語られています。 Web業界でも例外ではなく、独…

webデザイナーとして独立する前に身につけたい経営者意識

Webデザイナーとして独立する前に身につけたい経営者意識

自分も近い将来、独立してフリーランスのwebデザイナーになろう!と思っている方に。 将来Webデザイナーとして独立しようと考えている方が独立する前に身につけ…

web制作会社は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界の会社に勤めていると離職率の高さを実感します。 私は現在フリーランスとしてwebデザイナーをやっていますが、以前はとあるweb制作会社に勤めていま…

過労で疲れた男性

webデザイナーが働く業界は離職率が高く過酷なのにブラック企業と呼ばれない理由

最近何かと話題に上がり、社会問題にもなっている「ブラック企業」。 ご存じの通り「ブラック企業」とは、長時間におよぶサービス残業や手当なしで休日出勤させるなど…

上に戻る▲