webデザイナーは飽和状態ってホント?

[カテゴリ]就職・転職

webデザイナーは多くの人が目指している職業であることから“飽和状態”といわれることがあります。

30代未経験からwebデザイナーになりたいとお考えの方々にとっては特に気になる部分だとおもいます。
なので、僕の経験談を交えながらwebデザイナーの世界の現実をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

“デキるデザイナー”は“引く手あまた”

webデザイナーといっても“ピンキリ”

このサイトをご覧になっている方々は、「これからwebデザイナーになりたい」という人が多いと思いますし、webデザイナーに限らず、「デザイナー」と呼ばれる仕事に憧れを持っている方はたくさんいるでしょう。

そのような方の中には「デザイナーは多くの人が憧れる職業なので既に飽和状態なんじゃないの?」と不安に感じている人も多いと思います。

僕自身もPCスクールでwebデザインを勉強していた頃、スクールのスタッフの方から「webデザイナーは飽和状態ですよ。」と言われたことがあります。

確かにこれは事実でもあるんですが、例えばweb制作会社に入ったばかりの経験が浅い人でもwebデザイナーであり、たとえアルバイトであってもweb業界に入ったら肩書きはだいたいwebデザイナーになっちゃうわけなんです。

つまりひとくちにwebデザイナーといっても“ピンキリ”なんですよね。

 

実は「デザイナー」こそ“デキる人材”が不足している

実際にウェブ系企業が求める理想のwebデザイナー(レベルの高いスキルや豊富な経験を持ったwebデザイナー)というのは現在でもそれほど多くはなく、特に中小企業の多くでは使い物になる人材が足りていないというのが現実だったりします。

もちろんこれはweb業界に限った話ではありません。現在、巷では「就職難」と「人材不足」という言葉が同時に叫ばれており、実際その業界で働いている、または目指しているという人の数は多くても、本当に使える人材や必要とされる人材はどの業界でも不足しているというのが現実です。
なので“デキる人材”というのはまだまだ“引く手あまた”なのです。

そしてその中でも、「デザイナー」という視覚表現や視覚伝達に関わる仕事は、そのような傾向が顕著な職業なのです。

 

webデザイナーの活躍する場はどんどん広がっている

デザインは教育のカリキュラムとして成立させにくい

「デザイナーこそ“デキる人材”が少ない」ということの理由は色々考えられるのですが、大きな原因の一つとして、デザインの能力を身につける方法が未だにそれほど確立しておらず、学ぶ方法や教育機関なども非常に少ないので、結果として実務を通して自ら学び、カラダで覚えるしかないということが一番の理由だと思います。

書籍などを読んで理屈はわかってもなかなか表現手段として使えるようにはならないですし、またほどんどのPCスクールでは、基本的にはアプリケーションスキルの習得に重点が置かれていて、デザインのノウハウはあまり教えてもらえません。

なぜならデザインの能力というのは他の職業の能力に比べて数値化や客観的評価が難しく、なんとなく“やんわり”していて抽象的であるため教育のカリキュラムとして成立させにくい性質があるからです。

 

デザインの基礎能力は普遍的で陳腐化しない

僕がweb制作会社に入って間もない頃、デザイナーではない社内の先輩に「やっぱりデザイナーは有利だよね」とか「デザイン出来るっていうのは大きな強みだよね」と言われたことがありました。

不思議に思った僕は「webデザイナーは飽和状態なのでは?」と問いただしたところ、「“デキるデザイナー”というのはどこの会社でも不足していて欲しがっているからね。」という答えがかえってきたのです。

この時の何気ない会話が、僕にとってはとても大きな衝撃となり、デザインの道でやっていくことに迷いがなくなったキッカケの一つでもあります。

つまりwebデザイナーは「飽和状態」でもあり「不足状態」でもあるということなんですが、経験を積めば積むほど“デキる人材”になっていきやすい職業だと僕は感じています。

一朝一夕に能力が身につくわけではありませんが、デザインの基礎能力は普遍的であるため時代が変化しても陳腐化するものではありません。

 

30代未経験からでも遅くない!

印刷物からパソコン、そしてスマホやタブレット端末とデザインが活用される媒体は時代とともに変わってきていて、今後も変化し続けるでしょうが、過度に不安に思う必要はないでしょう。

もちろんこれからwebデザイナーを目指す皆さんにとっても大きな心配はありません。

なぜならデザインの仕事は時代が変わっても積み重ねた経験が活かされ続けるという強みがあるので、30代未経験からでも遅いということはまったくないのです。

現在の世の中はモノやサービスが溢れていて差別化が難しくなっていますが、この状態から抜け出し成長し続けている企業のモノやサービスに共通するのは“デザインのチカラ”を最大限活用していることです。

そのことが最も顕著なのがweb業界であることはwebデザイナーを目指している皆さんならご存知ですよね。

このようなことから今後もwebデザイナーの活躍する場はどんどん広がっていくと僕は感じています。

なので30代未経験でこれからwebデザイナーになりたいとお考えの皆さんも、焦ることなく地道に経験を積み重ねていって必要とされる“引く手あまた”なデザイナーになってほしいと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

パソコンがあるデスク

webデザイナーがデザインセンスを身につける方法

皆さんはよく「このデザインすごくセンスいいね」とか「私はデザインセンスがないから」なんていうことを言ったり聞いたりしませんか?webデザイナーを目指している方…

フリーランスとして独立するまでのWeb業界での働き方

フリーランスとして独立するまでのWeb業界での働き方

将来フリーランスとして独立したいという夢を持ちながらウェブ業界の会社に勤めている方も多いかと思います。 そんな方の場合、どのような目標設定をし、どういったモチ…

Web業界の就職活動を短期間で乗り切る方法

Web業界の就職活動を短期間で乗り切る方法

PCスクールや独学などでひと通りwebデザインを勉強し、ポートフォリオにする作品もいくつか作成できてしまえば、今度はいよいよ就職活動を始める段階です!Web業…

ウェブ未経験者がWeb業界の就職面接を攻略する方法

ウェブ未経験者がWeb業界の就職面接を攻略する方法

応募・エントリーをして書類選考を通過すると今度は就職面接(採用面接)となります。 面接の回数ですが、中小企業規模であれば1次面接(採用担当者)2次面接(社長面…

30代未経験からwebデザインを学ぶ方法

30代未経験からwebデザインを学ぶ方法

webデザインを一から学びたいけど、いったいどうやって勉強したらいいんだろう… と悩んでいる方も多いかと思います。 30代未経験からwebデザインを学ぶ最適な…

Web業界未経験でも採用される人の共通点

Web業界未経験でも採用される人の共通点

Web業界の未経験者が就職活動でもっとも気になることといえばやっぱりスキルに対する評価ですよね。 僕も一番の不安はそこでした。僕自信も実際求人に応募しても書類…

仕事をするwebデザイナー

過酷なweb業界の仕事が「ブラック」ではないと言える理由は技術が習得できるから

ここ数年、世間では過酷な労働を強いる企業が名指しで取り上げられ、「ブラック企業」や「ブラック労働」といったレッテルを貼られたりして社会問題化しています。この過…

30代未経験からWeb業界で独立するためのキャリアプランニング

30代未経験からWeb業界で独立するためのキャリアプランニング

「キャリアプランニング」という言葉はどんな仕事をしていてもよく耳にする言葉ですし、その重要性も様々なところで語られています。 Web業界でも例外ではなく、独立…

webデザイナーとして独立する前に身につけたい経営者意識

webデザイナーとして独立する前に身につけたい経営者意識

自分も近い将来、独立してフリーランスのwebデザイナーになろう!と思っている方に。 将来ウェブデザイナーとして独立しようと考えている方が独立する前に身につけて…

パソコンをする女性

webデザインを趣味としてやっている「アマチュア」と、仕事としてやっている「プロ」の違い

このサイトをご覧の皆さんには、趣味としてウェブデザインをしているアマチュアの方もいらっしゃるのではないかと思います。そしてその中には仕事としてwebデザインを…

上に戻る▲