未経験からWebデザイナーとして独立するためのキャリアプランニング

「キャリアプランニング」という言葉はどんな仕事をしていてもよく耳にする言葉ですし、その重要性も様々なところで語られています。

Web業界でも例外ではなく、独立してフリーランスになるためには、将来どんなサービスをしてどんな事業展開をしたいのかということを会社で働いている段階からキャリアプランニングしていくことで実現性がグッと高まります。

スポンサーリンク

未経験からでも「独立・フリーランス」への道は拡大中!

独立という目標から逆算した「キャリアプランニング」こそが成功へのカギ!

webデザイナーと一口に言っても働く業界や仕事内容など、実に様々な世界があってひとくくりにして語ることはできないんですが、将来独立したい・フリーランスになりたいという目標に向かって着実に前進し実現するには、どんな会社に入ってどんな立場や業務に携わろうとも共通する大切なことがあります。

それは「キャリアプランニング」です。

フリーランスWebデザイナーとして独立するまでの働き方でも書きましたが、明確な目標設定をすることは非常に重要です。

ただ、その目標を達成するまでのプロセスを計画的に実行していかなければ実現できません。

そのためには将来独立しフリーランスになった時にやってみたい事業やサービスを行う上で必要になってくるスキルや経験を、(例えば3年後に独立が目標なら)3年後から逆算して「キャリアプランニング」していくことで計画通り目標達成する可能性が自ずと高まっていくんです。

 

働きながら「キャリアプランニング」しよう!

「キャリアプランニングが大切」とはいっても、webデザイナーの実務を経験する前の何もわからない状態で考えていたところで、どういった方向性があるのか、自分にはどんなキャリアプランが適しているのかを判断するのは難しいので、キャリアプランニングをするのは実際に会社に入って働き始めてからで大丈夫です。

例えば、業務内容という軸で考えると、始めはwebデザイナーとしてキャリアアップしていこうと考えていたとしても、プログラミングなどのエンジニア系の業務に興味を持つかもしれませんし、あるいは、制作系ではないwebマーケティングやウェブコンサルティングなどに魅力を感じるかもしれません。

また、幅広い能力を身につけるのか、もっと分野を絞り込んで深く追求していくのかによっても将来の方向性が違ってきます。

とはいえ最初に決めたキャリアプランを変更してはいけないのではなく、働きながら常に変化させていけばいいのです。

ただ、やみくもにあれこれ手を出し過ぎると、どれも中途半端になってしまう場合もあるので、将来の目標や目指したい方向に繋がっていくのかどうかを判断することは必要です。

 

やりたい仕事があれば「わがまま」を貫こう!

もちろん会社なので自分のやりたい業務が自由に選べたりするわけではないですが、やりたい想いを伝えれば他の業界に比べて比較的やりたいことをさせてもらえるケースもすくなくありません。

だから、あまりお人好しになって会社の言われるがままの業務をこなす状態にはならないように意識することが大切です。

スキルアップに繋がる前向きな要望なら会社にとってもプラスなので、大抵の会社(特に中小企業)では受け入れてくれるのが現実です。

ちなみに私の場合は、入った会社にたまたまwebデザイナーが少なかったのと、元々視覚表現が好きで選んだ道ということもあってデザイン制作の面白さにハマってしまい、デザイン一本で突き進みました。
経験を積むにつれて会社側からwebディレクターへのキャリアアップを何度も求められましたが、わがまま言って拒否し続けました(笑)。

ただ、わがままを通したかわりに、さらなるクオリティアップやパフォーマンスを上げることで、結果的には社内からの信頼も得ることができたんです。

まぁそれによって2年半という期間では得られないないほどのウェブデザイン制作の経験値を得ることができ、そのおかげで独立してフリーランスになった今もデザインのお仕事をたくさんご依頼いただけているので結果的にはよかったんですが、さすがにお薦めできないキャリアプランというか、1つのことにハマってもそれ以外の幅も少しは広げていく方がいいかと思います。

 

未経験からでも「独立・フリーランス」へのチャンスは年々広がっています!

独立してフリーランスになろうと考えている方であれば、将来どんなサービスをしてどんな事業展開をしたいのかというところから逆算したキャリアプランニングをすれば自ずと実現性が高まっていくと思います。

さらに現在はスマートフォンやSNSの普及、またネット環境やWebサービスの向上などにより、私がデザイナーになった頃よりもはるかにweb業界で働く選択肢が広がりをみせているので、フリーランスという立場でもやっていける事業やサービスの選択肢もどんどん拡大しているのが現実です。

web業界は一旦に入ってしまえば年齢などまったく関係ない世界だということは私の経験上断言できますので、未経験からでも臆することなく目標に向かって突き進んでいきましょう。

 

フリーランスとして仕事をするならエージェントを使おう

フリーランス(個人事業主)のエンジニア、デザイナー向けにWeb系のお仕事を提供してくれるエージェント(仲介業者)があります。

Web業界に強いフリーランス向けエージェントはいくつかありますが、その中でも一番のおすすめは業界最大手の「レバテックフリーランス」。

Web業界・技術に精通した専門のコーディネーターが、スキルや希望に合ったお仕事を紹介してくれます。

登録も簡単なので、フリーランスとして仕事をするならとりあえず無料登録だけはしておきましょう。

⇒ フリーエンジニアの案件なら、レバテックフリーランス

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

フリーランスに必要な自己管理が簡単にできる「朝型生活」のススメ

フリーランスに必要な自己管理が簡単にできる「朝型生活」のススメ

独立してフリーランスになると、仕事内容や働く時間など基本的にはなんでも自分の思い通りに決めることができます。 しかし、逆の見方をすると他者に決められた規則や…

web制作会社は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界の会社に勤めていると離職率の高さを実感します。 私は現在フリーランスとしてwebデザイナーをやっていますが、以前はとあるweb制作会社に勤めていま…

フリーランス・個人事業主の節税小規模企業共済制度

節税効果大!フリーランス・個人事業主の小規模企業共済まとめ

私は、平成25年2月から「小規模企業共済」という個人事業主やフリーランスのために作られた、退職金を積み立てる共済制度に加入しています。 私のようなフリー…

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは多くの人が目指している職業であることから、“飽和状態”とも言われています。 未経験からwebデザイナーに転職したいとお考えの方にとっては特…

webデザイナーとして独立する前に身につけたい経営者意識

Webデザイナーとして独立する前に身につけたい経営者意識

自分も近い将来、独立してフリーランスのwebデザイナーになろう!と思っている方に。 将来Webデザイナーとして独立しようと考えている方が独立する前に身につけ…

フリーランスになるハードルが一気に下がる!「ハイブリッドワーク」という働き方

フリーランスで失敗しない「ダブルワーク」という働き方

会社を辞め、独立してフリーランスのwebデザイナーやエンジニアとして生活することに憧れを抱いている方はたくさんいると思います。 ただやっぱり現実問題として「…

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(住環境編)

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(住まい編)

以前、お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(食生活編)という記事で、私がフリーランス生活を過ごす中で特に“豊かさ”を感じている「食生活」についてお話しまし…

フリーランスとして独立するまでのWeb業界での働き方

フリーランスWebデザイナーとして独立するまでの働き方

将来、フリーランスのWebデザイナーとして独立したいという夢を持ちながらWeb業界の会社に勤めている方も多いかと思います。 そういった場合、どのような目標設…

会社員とフリーランスで異なる労働時間と収入の関係

会社員とフリーランスで異なる「労働時間」と「収入」の関係

“何をして過ごすかを自分の意思で決められる時間”は1日にどのくらいありますか? 当たり前ですが1日が24時間であることは老若男女みんな同じですし、どんな生き…

「会社員生活が向いてない人」と「フリーランス生活が向いてない人」の違い

「会社員生活が向いてない人」と「フリーランス生活が向いてない人」の違い

Web業界などでは、ある程度の年数を会社勤めをして経験を積んだ後、フリーランスとして独立していく人が結構います。 現在、企業の中でwebデザイナーとして働い…

上に戻る▲