フリーランスWebデザイナーとして独立するまでの働き方

将来、フリーランスのWebデザイナーとして独立したいという夢を持ちながらWeb業界の会社に勤めている方も多いかと思います。

そういった場合、どのような目標設定をして、どういったモチベーションで働けばよいかを私の経験をもとにお話します。

明確な目標設定こそが心の支えになる

「石の上にも三年」は間違い?

「3年は我慢しなさい」とか「3年は続けないとダメ」なんて言葉を誰かに言われたことがありますか?

「石の上にも三年」という言葉があるように、何事も3年くらいは継続しないとモノにならないっていうことですよね。

これって確かにすごく大事なことなんですが、私は30代未経験でウェブ制作会社に入って間もない頃、上司からこんなことを言われました。

「どうせやるなら3年以内に独立するくらいの気持ちでやれ!」

私はフリーランスとして独立するまでの2年半の間、この言葉がとても大きな支えとなって会社で働くことができました。

もし「3年は我慢して続けなさい」とか言われてたら、根性とかまったくない私はすぐに辞めていたかもしれません(笑)。

つまり、同じ3年でも「3年我慢して続ける」のと「3年以内に独立」ではモチベーションに雲泥の差があるのです。

 

「3年我慢して続ける」と「3年以内に独立」の違い

前者はただ「続ける」こと自体が目標になっているので、スキルアップや生産性の向上など働く上で大事な部分の意識がうすく、結果としてあまり必要とされない人になって、しんどいことを我慢しているだけの状態に陥りがちです。

一方、後者は「3年以内」という明確なタイムリミットと、スキルや知識など総合的な能力が必要な「独立」という目標設定をすることでキャリアプランニングを意識するようになり、結果として成長スピードが速くなるのです。

実際に独立するかどうかは人それぞれなので、会社で働き続けてもどちらでもいいでしょう。

ただ、私の場合「3年以内に独立!」という目標設定が、30代未経験のハンデをむしろプラスの意識に転換できたので、めちゃくちゃ重要なことだったと感じています。

もちろん3年と言わず2年と設定してもいいですし、独立じゃなくディレクター等の上位ポジションを目指したい方は目標を置き換えればいいでしょう。

web業界では深夜まで仕事することも少なくないので心が折れそうになることもあります。

夢の実現に向けた明確な目標を設定することが、働く上で一番の心の支えとなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

女性こそ「フリーランスとして働けること」が結婚後の人生において強みになる

フリーランスは女性にとって最強の働き方。結婚後も仕事を続ける方法

結婚や出産をした後も働き続ける女性は年々増加していると、ニュースなどでよく耳にしますよね。 昔のように、結婚して専業主婦として家庭に入る…みたいな考えの…

過労で疲れた男性

webデザイナーが働く業界は離職率が高く過酷なのにブラック企業と呼ばれない理由

最近何かと話題に上がり、社会問題にもなっている「ブラック企業」。 ご存じの通り「ブラック企業」とは、長時間におよぶサービス残業や手当なしで休日出勤させるなど…

フリーランスになるハードルが一気に下がる!「ハイブリッドワーク」という働き方

フリーランスで失敗しない「ダブルワーク」という働き方

会社を辞め、独立してフリーランスのwebデザイナーやエンジニアとして生活することに憧れを抱いている方はたくさんいると思います。 ただやっぱり現実問題として「…

電卓

フリーランスの銀行口座におすすめ!りそな銀行は複数口座開設が可能

「銀行口座なんてどこも大して違いはない」と思っていませんか? 独立してフリーランス・個人事業主になると、生活費などのプライベートのお金と仕事関係のお金を区…

web制作会社は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界の会社に勤めていると離職率の高さを実感します。 私は現在フリーランスとしてwebデザイナーをやっていますが、以前はとあるweb制作会社に勤めていま…

ウェブ未経験者がWeb業界の就職面接を攻略する方法

未経験Webデザイナーが転職面接を攻略する方法

応募・エントリーをして書類選考を通過すると今度は就職面接(採用面接)となります。 面接の回数ですが、中小企業規模であれば1次面接(採用担当者)2次面接(社長…

青い海

フリーランスって実は「ブルーオーシャン」だと思う件

フリーランスしとて仕事をするようになって3年余り。 独立する前は、それなりに不安やリスクも感じてましたが、最近ふと思ったことがあります。 それは、 フリ…

フリーランスの場合「単価を下げるくらいなら仕事を断るべき」理由

フリーランスの場合「単価を下げるくらいなら仕事を断るべき」理由

毎月一定のお給料をもらっていた会社員時代とは違い、独立してフリーランスになると、仕事の成果に対して収入が決まってきます。 webデザイナーやプログラマー、ラ…

フリーランス・個人事業主の節税小規模企業共済制度

節税効果大!フリーランス・個人事業主の小規模企業共済まとめ

私は、平成25年2月から「小規模企業共済」という個人事業主やフリーランスのために作られた、退職金を積み立てる共済制度に加入しています。 私のようなフリー…

「会社員生活が向いてない人」と「フリーランス生活が向いてない人」の違い

「会社員生活が向いてない人」と「フリーランス生活が向いてない人」の違い

Web業界などでは、ある程度の年数を会社勤めをして経験を積んだ後、フリーランスとして独立していく人が結構います。 現在、企業の中でwebデザイナーとして働い…