フリーランスって実は「ブルーオーシャン」だと思う件

[カテゴリ]フリーランス生活

フリーランスしとて仕事をするようになって3年余り。

独立する前は、それなりに不安やリスクも感じてましたが、最近ふと思ったことがあります。

それは、

フリーランスという働き方は、世間で思われているほど厳しい世界でもない。

むしろ実際は、意外と「ブルーオーシャン(競合が少ない世界)」ではないかと感じるんです。

フリーランスという働き方が「ブルーオーシャン」だと感じる理由

同業者の競合相手が少ない

先日、フリーランスになりたい人のほとんどが独立しない理由という記事でも書きましたが、フリーランスになりたいと思っている人(独立希望者)の多くが、リスクや不安要素を過剰にとらえているために、たとえフリーランスとして十分やっていける能力を持っていたとしても、実際に独立してフリーランスになる人はほんの僅かです。

なので結果的に、同業者の競合相手もそれほど多くありません。

というかフリーランサーなんて、大抵は元勤め先や取引先関係からの依頼や同業者など横のつながりなんかの仕事をメインやっている人が多いので、「全国のフリーランサーすべてがライバル!」なんて世界ではありませんからね。

下請けの町工場のように、数多くの同業者と受注を奪い合うといった状況にはならないわけです。

まぁ最近流行りのクラウドソーシングなんかで仕事を受注しようと思うと、さすがに「レッドオーシャン」な世界でしょうがね。

 

フリーランサーを求める会社が増えている

不安要素を過剰にとらえてフリーランスになる人が意外と少ないにもかかわらず、フリーランサーを求める会社は年々増える傾向にあると私は感じています。

特にweb業界に関しては顕著です。

多様な働き方が広まりつつある中で、会社側も今までのようにすべて社内の人材で業務をまかなうようなやり方はコスト面から考えても非合理的です。

なので、うまく社外の人材を活用する動きがweb業界を中心に一般化してきています。

ただ、アメリカなどに比べるとまだまだフリーランスの社会的信用が低い日本では、大手企業とフリーランサーが直接取引をすることは社内規程などの理由から難しいケースが多いですが、これについても徐々に変化していくのではないかと思います。

 

「うまくいきゃ儲けもん」くらいの気持ちでいいんじゃない?

世間で思われている「厳しさ」や「大変さ」はあまりにも大げさ

ここで書いた「フリーランスという働き方がブルーオーシャンだと感じる理由」は、あくまでも私の主観ですので何ら裏付けするデータなどはありません。

ただ、実際にフリーランスとして3年以上活動している私が感じていることですから、あながち間違ってもいないと思います。

巷では、独立することの厳しさばかりに偏って語られているように思うので、意外と「ブルーオーシャン」だよってことも書いてみました。

少なくとも私のまわりのフリーランサーたちは、のんびりと暮らしながらも、それなりにやっていけてる人がほとんどなので、世間で思われている「厳しさ」や「大変さ」はあまりにも大げさかなと。

 

フリーランスになるコストはほとんどゼロ

というか別に何百万とか借金して店舗構えてお店とか始めるんならリスク高いですけど、フリーランスでやる仕事なんて、ほとんどの仕事が初期投資もランニングコストもかからないですからねぇ。

いったい何でそんなにリスクや不安を煽ってるの??ってかんじです。

本当は独立してフリーランスになりたいのに、“世間の不安煽り”を真に受けて前に踏み出せずにいる人は、はっきり言って「真面目すぎ!」です。

むしろ「うまくいきゃ儲けもん」くらいの気持ちで始めてる人の方が、なんだかんだで結構うまいことやってますよ。 

関連記事 フリーランスで稼げる仕事の種類(職種・職業)一覧

 

フリーランスとして仕事をするならエージェントを使おう

フリーランス(個人事業主)のエンジニア、デザイナー向けにWeb系のお仕事を提供してくれるエージェント(仲介業者)があります。

Web業界に強いフリーランス向けエージェントはいくつかありますが、その中でも一番のおすすめは業界最大手の「レバテックフリーランス」。

Web業界・技術に精通した専門のコーディネーターが、スキルや希望に合ったお仕事を紹介してくれます。

登録も簡単なので、フリーランスとして仕事をするならとりあえず無料登録だけはしておきましょう。

公式サイト⇒ フリーエンジニアの案件なら、レバテックフリーランス

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(住環境編)

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(住まい編)

以前、お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(食生活編)という記事で、私がフリーランス生活を過ごす中で特に“豊かさ”を感じている「食生活」についてお話しまし…

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(時間編)

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(時間編)

昨日に引き続き、「お金では買えないフリーランス生活の豊かさ」シリーズです。 第三弾目となる今回は、“時間”について取り上げてみたいと思います。 参考…

フリーランスの独立開業手続き・準備物まとめ

【保存版】個人事業主(フリーランス)の開業準備に必要なもの・手続きまとめ

私は2011年の3月に勤めていた会社を退職し、フリーランス(個人事業主)のwebデザイナーとして独立しました。 法人としてではなく、個人事業主として独立…

フリーランスに必要な自己管理が簡単にできる「朝型生活」のススメ

フリーランスに必要な自己管理が簡単にできる「朝型生活」のススメ

独立してフリーランスになると、仕事内容や働く時間など基本的にはなんでも自分の思い通りに決めることができます。 しかし、逆の見方をすると他者に決められた規則や…

独立を考えるwebデザイナー

こんな理由で独立したら失敗するよ!フリーランスになりたい人によくある勘違い

ここ数年、ひとつの会社に縛られない“多様な働き方”が注目を集め、いろんなメディアで話題になっていますね。 例えば「ノマドワーク」や「マイクロ起業」といった新…

女性こそ「フリーランスとして働けること」が結婚後の人生において強みになる

フリーランスは女性にとって最強の働き方。結婚後も仕事を続ける方法

結婚や出産をした後も働き続ける女性は年々増加していると、ニュースなどでよく耳にしますよね。 昔のように、結婚して専業主婦として家庭に入る…みたいな考えの…

会社員とフリーランスで異なる労働時間と収入の関係

会社員とフリーランスで異なる「労働時間」と「収入」の関係

“何をして過ごすかを自分の意思で決められる時間”は1日にどのくらいありますか? 当たり前ですが1日が24時間であることは老若男女みんな同じですし、どんな生き…

フリーランスの場合「単価を下げるくらいなら仕事を断るべき」理由

フリーランスの場合「単価を下げるくらいなら仕事を断るべき」理由

毎月一定のお給料をもらっていた会社員時代とは違い、独立してフリーランスになると、仕事の成果に対して収入が決まってきます。 webデザイナーやプログラマー、ラ…

「会社員生活が向いてない人」と「フリーランス生活が向いてない人」の違い

「会社員生活が向いてない人」と「フリーランス生活が向いてない人」の違い

Web業界などでは、ある程度の年数を会社勤めをして経験を積んだ後、フリーランスとして独立していく人が結構います。 現在、企業の中でwebデザイナーとして働い…

フリーランスになるハードルが一気に下がる!「ハイブリッドワーク」という働き方

フリーランスで失敗しない「ダブルワーク」という働き方

会社を辞め、独立してフリーランスのwebデザイナーやエンジニアとして生活することに憧れを抱いている方はたくさんいると思います。 ただやっぱり現実問題として「…