Webデザイナーとして独立する前に身につけたい経営者意識

自分も近い将来、独立してフリーランスのwebデザイナーになろう!と思っている方に。

将来Webデザイナーとして独立しようと考えている方が独立する前に身につけておきたい心構えや経営者としての意識について、私がフリーランスになって感じた部分をお話しします。

Webデザイナーとして独立する前に知っておくべき事実

仕事がなければ無職同然の世界

webやIT関係の会社で働いている方や、これからweb・IT業界に転職しよう!と考えている方の中には、Webデザイナーとして独立してフリーランス生活に憧れている方は多いと思います。

web・IT系ビジネスを始める場合、小売業や飲食業のように店舗を構えたりスタッフを雇ったり、オフィスを借りたり高価な設備を購入する必要はありません。

パソコンとインターネットさえあればどこでも仕事ができます。

ほとんどお金をかけることなく始められ、運営コストもほとんどかからないことは、事業を始める上で大きなメリットです。

それでもやっぱり事業を経営していくという部分においては他の業種と同じ。

自分で稼いで収入を得ていかなければ生活していけませんし、仕事がなければ無職同然の世界です。

 

「独立」とは、つまり「商売」を始めるということ

webデザイナーとして独立することを目標にしながら会社で働いている頃は、webに関するスキルやノウハウ、経験を積むことばかり意識してしまうかもしれませんが、独立後はある意味「Webに関する専門スキルを持っている」ということは当たり前になってしまいます。

その専門スキルをサービスにして「商売をやっていく」ことが仕事の本題になるということです。

また、経理や税金のこと、社会保障などに関しても会社員時代のように会社まかせというわけにはいかず、確定申告や納税などすべて自分自身で管理運営していかなければなりません。

つまり、独立やフリーランスになることを考えている方は、Webに関するスキルやノウハウを身につけながら、同時に商売・ビジネスに関することや経理・税金などに関しても少しづつ勉強を始めていくことが必要になります。

とはいえ、誰もが最初は未経験から始めているわけですし、フリーランス規模の経理であれば一旦知ってしまうとそんなに難しいことはなく意外と面白いものです。

会社員として働いている間も、勤めている会社を単に「勤め先」という感覚ではなく「商売をやっている事業者」という目線でとらえながら関わっていくことで、Webに関するスキルだけでなく、事業をやる上での必要なノウハウや経営者意識も同時に身につけることができます。

独立した後、事業経営者としてに立ちそうなことは会社員時代にどんどん吸収しておきましょう。

 

フリーランスとして仕事をするならエージェントを使おう

フリーランス(個人事業主)のエンジニア、デザイナー向けにWeb系のお仕事を提供してくれるエージェント(仲介業者)があります。

Web業界に強いフリーランス向けエージェントはいくつかありますが、その中でも一番のおすすめは業界最大手の「レバテックフリーランス」。

Web業界・技術に精通した専門のコーディネーターが、スキルや希望に合ったお仕事を紹介してくれます。

登録も簡単なので、フリーランスとして仕事をするならとりあえず無料登録だけはしておきましょう。

⇒ フリーエンジニアの案件なら、レバテックフリーランス

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

フリーランスになるか悩んでいる男性会社員

フリーランスになりたい会社員の多くが独立しない理由

フリーランスになりたいと思っている会社員(独立希望者)はたくさんいるはずなのに、実際に独立してフリーランスになる人はほんの僅かです。 本当はフリーランスとし…

30代未経験からwebデザインを学ぶ方法

Webデザイナーに転職したい人がWebデザインを学ぶおすすめの方法

Webデザイナーに転職するためにwebデザインを一から学びたいけど、いったいどうやって勉強したらいいんだろう… と悩んでいる方は多いと思います。 そこで、…

楽天カード

フリーランス・個人事業主のクレジットカードは楽天カードがおすすめ

独立して個人事業主(自営業・フリーランス)になる場合、色々と準備しておくべきことがありますが、その中のひとつが「クレジットカード」です。 プライベートで…

国民年金保険料の支払いは1年分前納&クレジットカード払いがお得!

国民年金保険料を節約!前納・クレジットカード納付の申込方法

会社を辞めてフリーランス(個人事業主)になると、公的年金の保険料(国民年金保険料)はすべて自分で納付していくことになります。 2014年度(平成26年度)の…

Web系企業の求人を効率よく探す方法

Webデザイナーの求人を探すおすすめの方法は?

Webデザイナーの会社とひとくちに言っても実に幅が広く、様々な分野があります。 入社した会社がどんな事業やサービスをしているかによっても経験できることが…

フリーランスの場合「単価を下げるくらいなら仕事を断るべき」理由

フリーランスの場合「単価を下げるくらいなら仕事を断るべき」理由

毎月一定のお給料をもらっていた会社員時代とは違い、独立してフリーランスになると、仕事の成果に対して収入が決まってきます。 webデザイナーやプログラマー、ラ…

女性こそ「フリーランスとして働けること」が結婚後の人生において強みになる

フリーランスは女性にとって最強の働き方。結婚後も仕事を続ける方法

結婚や出産をした後も働き続ける女性は年々増加していると、ニュースなどでよく耳にしますよね。 昔のように、結婚して専業主婦として家庭に入る…みたいな考えの…

会社員とフリーランスで異なる労働時間と収入の関係

会社員とフリーランスで異なる「労働時間」と「収入」の関係

“何をして過ごすかを自分の意思で決められる時間”は1日にどのくらいありますか? 当たり前ですが1日が24時間であることは老若男女みんな同じですし、どんな生き…

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(食生活編)

お金では買えないフリーランス生活の豊かさ(食生活編)

いままでこのブログでは、主にwebデザインやフリーランスwebデザイナーの仕事をテーマとして記事を書いてきましたが、これからは仕事以外のフリーランス生活につい…

電卓の上にいるビジネスマン

【フリーランスの節税】自宅兼事務所なら家賃の一部を経費に計上しよう

自宅の一部を事務所として使用する場合、家賃の一部を経費に計上できます。 私自身もそうなんですが、フリーランスとして働くwebデザイナーやフリーライターなどの…