webデザイナーは飽和状態ってホント?

[カテゴリ]webデザイナー転職

webデザイナーは多くの人が目指している職業であることから、“飽和状態”とも言われています。

未経験からwebデザイナーに転職したいとお考えの方にとっては特に気になる問題ではないでしょうか。

そこで、30代未経験からWeb制作会社にデザイナーとして転職した私の経験を交え、webデザイナーの現実をお話します。

スポンサーリンク

デキるデザイナーは“引く手あまた”

webデザイナーといっても“ピンキリ”

私のように未経験からwebデザイナーに転職したいという人や、webデザイナーに限らず「デザイナー」と呼ばれる仕事に憧れを持っている方はたくさんいます。

そんな方の中には、「デザイナーは多くの人が憧れる職業なので既に飽和状態なんじゃないの?」と不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

私自身もPCスクールでwebデザインを勉強していた頃、スクールのスタッフから

「webデザイナーは飽和状態ですよ。」

と言われたことがあります。

確かにこれはある意味で事実です。

ただ、web制作会社に入社すると、経験が浅い人でもwebデザイナーと呼ばれますし、たとえアルバイトであってもweb業界に入ったら肩書きはだいたいwebデザイナーになります。

つまり、ひとくちにwebデザイナーといっても“ピンキリ”なんです。

 

デザイナーこそ“デキる人材”が不足している

実際にウェブ系企業が求める理想のwebデザイナー(高いレベルのスキルや豊富な経験を持ったwebデザイナー)というのは、現在でもそれほど多くはなく、特に中小企業の多くでは使い物になる人材が足りていないというのが現実です。

もちろんこれはweb業界に限った話ではありません。

多くの業界では「就職難」と「人材不足」という言葉が同時に叫ばれており、実際その業界で働いている、または目指しているという人の数は多くても、本当に使える人材や必要とされる人材はどの業界でも不足しているというのが現実です。

つまり、デキる人材というのはまだまだ“引く手あまた”ということです。

その中でも、「デザイナー」という視覚表現や視覚伝達に関わる仕事は、デキる人材の不足が顕著な職業なのです。

 

webデザイナーの活躍する場はどんどん広がっている

デザインは教育のカリキュラムとして成立させにくい

「デザイナーこそ“デキる人材”が少ない」

この理由は色々あるでしょうが、私が考える大きな原因は、デザインの能力を身につける方法が未だに確立しておらず、学ぶ方法や教育機関なども非常に少ないということです。

つまり、実務経験を通して自ら学び、カラダで覚えるしかない。

というのが現実です。

書籍などを読んで理屈はわかってもなかなか表現手段として使えるようにはなりません。

また、ほどんどのPCスクールでは、基本的にアプリケーションスキルの習得に重点が置かれていて、デザインのノウハウはあまり教えてもらえません。

なぜならデザインの能力というのは、他の職業の能力に比べて数値化や客観的評価が難しく、“ふわっと”していて抽象的であるため教育のカリキュラムとして成立させにくい性質があるからです。

 

デザインの基礎能力は普遍的で陳腐化しない

私がweb制作会社に転職して間もない頃、デザイナーではない社内の先輩に「やっぱりデザイナーは有利だよね」とか「デザイン出来るっていうのは大きな強みだよね」と言われたことがありました。

不思議に思った私は「webデザイナーは飽和状態なのでは?」と問いただしたところ、「“デキるデザイナー”というのはどこの会社でも不足していて欲しがっているからね。」という答えがかえってきたのです。

この時の何気ない会話が、私にとってはとても大きな衝撃となり、デザインの道でやっていくことに迷いがなくなったキッカケの一つでもあります。

つまりwebデザイナーは「飽和状態」でもあり「不足状態」でもあるということなんですが、経験を積めば積むほど“デキる人材”になりやすい職業だと私は感じています。

一朝一夕に能力が身につくわけではありませんが、デザインの基礎能力は普遍的であるため時代が変化しても陳腐化するものではありません。

 

Webデザイナーこそ未経験からでも転職しやすい

印刷物からパソコン、そしてスマホやタブレット端末とデザインが活用される媒体は時代とともに変わってきていますし、今後も変化し続けるでしょう。

しかし、過度に不安に思う必要はありません。

もちろんこれからwebデザイナーへの転職を考えている方にとっても大きな心配はありません。

なぜならデザインの仕事は、時代が変わっても積み重ねた経験が活かされ続けるという強みがあるので、未経験からでも遅いということはまったくないのです。

現在の世の中はモノやサービスが溢れていて差別化が難しくなっていますが、成長し続けている企業のモノやサービスに共通するのは“デザインのチカラ”を最大限活用していることです。

そんな“デザインのチカラ”を仕事に活かせることは、webデザイナーの魅力のひとつでもあります。

このようなことから、今後もwebデザイナーの活躍する場はどんどん広がっていくと私は感じています。

未経験でこれからwebデザイナーに転職したいとお考えの方も、焦ることなく地道に経験を積み重ねていけば、きっと“引く手あまた”なデザイナーになれるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

関連コンテンツ

Web業界の就職活動を短期間で乗り切る方法

Webデザイナーの転職活動を短期間で乗り切る方法

PCスクールや独学などでひと通りwebデザインを勉強し、ポートフォリオにする作品もいくつか作成できてしまえば、今度はいよいよ転職活動を始める段階です。 We…

webデザイナーとして独立する前に身につけたい経営者意識

Webデザイナーとして独立する前に身につけたい経営者意識

自分も近い将来、独立してフリーランスのwebデザイナーになろう!と思っている方に。 将来Webデザイナーとして独立しようと考えている方が独立する前に身につけ…

Webデザイナーが初めての転職活動でも失敗しない転職エージェント

Webデザイナー向け転職エージェントおすすめBest3

Webデザイナー向けの転職エージェントとは 転職エージェントとは、自分に合った企業の求人紹介や履歴書の書き方、面接対策など、様々な転職活動のサポートをしてく…

30代未経験からwebデザインを学ぶ方法

Webデザイナーに転職したい人がWebデザインを学ぶおすすめの方法

Webデザイナーに転職するためにwebデザインを一から学びたいけど、いったいどうやって勉強したらいいんだろう… と悩んでいる方は多いと思います。 そこで、…

30代未経験でもWeb制作会社に採用されるポートフォリオの極意

未経験Webデザイナーでも採用されるポートフォリオ制作の極意

デザインやHTMLなどWeb制作の基礎力がある程度身についたら実際にWebサイトを制作してみましょう。 そして最終的にそれを転職活動用のポートフォリオに使用…

30代未経験からWeb業界で独立するためのキャリアプランニング

未経験からWebデザイナーとして独立するためのキャリアプランニング

「キャリアプランニング」という言葉はどんな仕事をしていてもよく耳にする言葉ですし、その重要性も様々なところで語られています。 Web業界でも例外ではなく、独…

web制作会社は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界の会社に勤めていると離職率の高さを実感します。 私は現在フリーランスとしてwebデザイナーをやっていますが、以前はとあるweb制作会社に勤めていま…

過労で疲れた男性

webデザイナーが働く業界は離職率が高く過酷なのにブラック企業と呼ばれない理由

最近何かと話題に上がり、社会問題にもなっている「ブラック企業」。 ご存じの通り「ブラック企業」とは、長時間におよぶサービス残業や手当なしで休日出勤させるなど…

仕事をするwebデザイナー

webデザイナーの仕事が「ブラック」ではないと言える理由

ここ数年、世間では過酷な労働を強いる企業が名指しで取り上げられ、「ブラック企業」や「ブラック労働」といったレッテルを貼られたりして社会問題化しています。 こ…

パソコンをする女性

Webデザインを趣味でやっている「アマチュア」と、仕事としてやっている「プロ」の違い

Webデザイナーの中には、仕事としてではなく趣味でWebデザインをしているアマチュアの方もいます。 その中には仕事としてWebデザインをするプロのWebデザ…

上に戻る▲