アーロンチェアとアーロンチェアライトの違いは?機能・価格を比較

オフィスチェアの王様といえば、言わずと知れたHerman Miller社の『アーロンチェア』。

優れた性能・デザインで世界中のデスクワーカーに愛されているワークチェアなので、「いつか自分も手に入れたい!」と思っている方も多いはず。

 

だけど価格が高い!

 

モデルによっても違いますが、最もスタンダードなタイプでも実勢価格は約15万円以上します。

しかし、そんなアーロンチェアにも一部の機能を省いた低価格版(廉価版)があるんです。

それがアーロンチェアライトです!

 

アーロンチェアライトはアーロンチェアの低価格版

アーロンチェアライトは、

  • 機能は必要最低限あれば十分なんだけど、やっぱり憧れのアーロンチェアがほしい
  • アーロンチェアが欲しいけど、価格が高いから購入するか迷っている

という方のために2010年から販売されている“低価格バージョン”のアーロンチェア。

一部の機能を省いただけで、フル装備タイプの約2/3ほどの激安価格で購入できるという、とんでもなくコストパフォーマンスに優れたモデルなんです。

なのでコスパ重視なら絶対にアーロンチェアライトがおすすめです。

 

アーロンチェアとアーロンチェアライトの違い

一部の機能が省かれているといっても、アーロンチェアとアーロンチェアライトの違いは2箇所だけ。

その2つの機能というのも、フル装備のアーロンチェアを使っている私自身、あまり活用していない機能なので、実際はあってもなくても大して変わらないんですよ。

前傾チルト機能がない

フル装備タイプのアーロンチェアには、座面を前側に約5度傾けることができる前傾チルト機能が搭載されていますが、アーロンチェアライトではこの機能が省かれています。

アーロンチェア フル装備(前傾チルト機能あり)の場合

前傾チルト機能あり

フル装備の場合、前傾チルトレバーを引くと前方向に約5度傾けることが可能

アーロンチェア ライト(前傾チルト機能なし)の場合

前傾チルト機能なし

アーロンチェアライトの場合、前傾チルトレバーは付いていない

フル装備タイプのアーロンチェアを持っている私は、この前傾チルト機能をほとんど使っていません(笑)

絵を描いたりモノ作りの作業をする人にとっては役に立つ機能なんだと思いますが、パソコンでの作業など通常のデスクワークであれば前に傾けると逆に作業しずらいので、前傾チルト機能は必要ないと思います。

 

アームは固定アームorアームレス(アームなし)の2タイプ

フル装備タイプのアーロンチェアには、アームの高さや角度を調整できる機能が搭載されていますが、アーロンチェアライトはこの機能が省かれた固定アームモデルと、アーム自体が付いていアームレスモデルの2タイプになります。

アーロンチェア フル装備(高さ・角度調整機能付きアームあり)の場合

高さ・角度調整機能付きアームあり

フル装備の場合、高さや角度が調整できるアームが付いている

アーロンチェア ライト(固定アームモデル)の場合

固定アーム

アーロンチェアライトの固定アームモデルは、高さや角度が調整できない

アーロンチェア ライト(アームレスモデル)の場合

アームレス

アーロンチェアライトのアームレスモデルは、アームが付いていない

アームに関しても、通常のデスクワークをする上ではあまり使用しないというのが実際のところ。

腕を肘掛けに乗せた状態でパソコン作業はやりづらいですからね。

アームは、どちらかと言うとデザイン的な(意匠としての)存在という部分が大きいですね。

正直、見た目的にはアームが付いている方がバランスが良く、かっこいいのは間違いないですが、機能としては必須ではないですし、人によってはむしろ邪魔かもしれません。

なので個人的には、アーロンチェアライトを買うなら固定アームよりアームレスの方がおすすめです。

固定アームの場合だと、座面の高さによってはチェアがデスク内に収まらないこともあります。(例えば引き出し付きのデスクだとその可能性が高いです。)

しかも固定アームよりアームレスの方がさらに価格が安いってこともポイントです。

 

固定アームタイプとアームレスタイプの価格を比較

では、アーロンチェアフル装備、アーロンチェアライト固定アーム、アーロンチェアライトアームレスの3タイプを、楽天市場ハーマンミラー正規販売店「アーロンチェア by THE CHAIR SHOP」の販売価格で比較してみます。

モデル 価格(税込)
アーロンチェア グラファイトカラーベース/フル装備 Bサイズ クラシック  146,000円
アーロンチェアライト前傾なし固定アーム Bサイズ/グラファイトベース/クラシック  98,280円
アーロンチェアライト前傾なし アームレスBサイズ/グラファイトベースクラシック  88,560円

 

フル装備タイプが15万円台なのに対し、アーロンチェアライトは10万円を切る価格で販売されています。

特にあってもなくても大きな差がない機能を省くだけで、約2/3ほどの価格で購入できるわけですから、かなりコストパフォーマンスに優れていると言えますね。

しかもアームレスタイプは固定アーム付きよりもさらに約1万円ほど安く、フル装備タイプと比較すると4割以上も安いということになります。

 

アーロンチェアライトを買うならアームレスタイプがおすすめ

私は3年ほど前にアーロンチェアフル装備タイプを購入しましたが、その時アーロンチェアライトの購入は検討しませんでした。

「どうせ買うならフル装備でしょ!」って考えで買ったんですが、3年以上使用した今になって考えると、アーロンチェアライトのアームレスタイプでも十分だったなぁ。というのが率直な感想です。

なので、

どうせ買うなら機能が全部搭載されているスタンダードモデルがいい!
という方はフル装備タイプ↓

 

無駄な機能はいらない。コストパフォーマンス重視!
という方はアーロンチェアライトのアームレスタイプ↓

 

というのが、私がおすすめするアーロンチェアのモデルです。

まぁどちらにしてもアーロンチェアがNo.1ワークチェアだということに変わりはないので、購入して後悔することはないと思いますね。

 

アーロンチェアの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

関連コンテンツ

日本郵便クリックポストのロゴ

クリックポストwebサイトのログインページと料金・使い方

本日6月16日、ついに日本郵便の新しい荷物発送サービス「クリックポスト」がスタートしました。 「クリックポスト」って何かというと、 ■大きさ:34cm×2…

デュアルディスプレイにおすすめのモニターアーム&液晶モニター

デュアルディスプレイにおすすめ!液晶ディスプレイ&モニターアーム

デスクトップパソコンのディスプレイをデュアルディスプレイ化してみた 先日、自宅で仕事用に使っているデスクトップパソコンのディスプレイを、横並び2台のディ…

楽天ポイントをギフト券に交換する方法

楽天ポイントを商品券に交換する方法

楽天ポイントを商品券(ギフトカード)に交換する方法をご紹介します。 楽天ポイントは楽天市場でのお買い物などであれば1ポイント=1円として使えるので、基本的に…

有線静音マウスBSMBU17BKが超おすすめ!静かなクリック音で快適!

3年ほど使っていたマウスの左クリックの反応が悪くなったので、新しいマウスに買い替えました。 amazonで候補をいくつかピックアップし、その中からクリック音…

オカムラのSwiftスイフト(上下昇降式スタンディングデスク)

【レビュー】オカムラSwiftスイフト(上下昇降式スタンディングデスク)を購入。機能や選び方・使った感想

「座り過ぎはタバコ以上に健康リスクが高い」 そんな研究結果が最近テレビでも話題となりましたが、欧米のオフィスでは立ったまま仕事ができるスタンディングデスクの…

アーロンチェアで腰痛対策!フリーランスのデスクワーカーにおすすめの椅子

【レビュー】腰痛対策におすすめ!アーロンチェアを3年使った感想

アーロンチェアは絵描き・デザイナー・エンジニアなど腰痛に悩むデスクワーカーにおすすめ デザイナーやライター、絵描きなど長時間椅子に座ってデスクワークをす…

通販で購入できる人気スタンディングデスクおすすめ4選

スタンディングデスクおすすめ4選!人気の上下昇降式デスクを比較

スタンディングデスクで座りっぱなし生活を卒業! 人気の上下昇降式デスクを比較 毎日会社や自宅など長時間座った姿勢で過ごしている私たち。 特に日本人…

イームズのシェルチェアを買うならリプロダクト(ジェネリック)がおすすめ

イームズの椅子が1/10の価格で買える!?ジェネリック(リプロダクト品)のEamesシェルチェア

不朽の名作「イームズ シェルチェア」のリプロダクト製品(ジェネリック製品)をご紹介します。リプロダクト製品(ジェネリック/レプリカ)とは、意匠権の保護期間であ…

【レビュー】DW-5600BB-1JF(G-SHOCK)|メンズ・レディース共に人気の真っ黒Gショック

真っ黒なGショックDW-5600BB-1JFをレビュー!メンズ・レディース問わず根強い人気

つや消しオールブラックが激シブ!黒が引き立つマットな質感が超クール! 余計な装飾を排除し、黒一色のワントーンカラーに仕上げたデザインが人気のG-SHOC…

僕がSIMフリーiPhoneに乗り換えた理由&移行方法

携帯大手3社のiPhoneを解約してSIMフリーiPhoneに移行する方法

先日、ついにアイフォーンの新機種「iPhone6s」と「iPhone6s Plus」が発売されましたが、それに伴い旧モデルとなった「iPhone6」「iPho…

上に戻る▲