未経験Webデザイナーが転職面接を攻略する方法

[カテゴリ]webデザイナー転職

応募・エントリーをして書類選考を通過すると今度は就職面接(採用面接)となります。

面接の回数ですが、中小企業規模であれば1次面接(採用担当者)2次面接(社長面接)の2回というパターンが一番多いと思います。

従業員数名の小規模な会社であれば1回だけのケースもありますし、中規模以上の企業であれば3回くらい面接する会社もあります。

私が入った会社の採用面接は1回(採用担当者2名)だけでした。(アルバイト採用枠だったからかもしれません)

スポンサーリンク

未経験Webデザイナーでも採用したいのは“忍耐強く頑張れる人”

未経験Webデザイナーの採用基準は「やる気」

未経験Webデザイナーにとって転職活動の面接で気になるのは、「いったい何を聞かれるの?」ということでしょう。

これに関しては会社によって様々ですし一概には言えませんが、基本的には専門的知識やスキルに関することではなく、興味があることや得意なこと、将来どうなりたいか、頑張れるかなど、どちらかというと「どんな考えの人なのか」「やる気があるか」といった部分を判断するための質問が多いと思います。

ですので、本当に入りたい会社なのであれば全力でやる気をアピールするべきです。

 

積極的に質問をして「Webデザイナーへの興味」や「コミュニケーション能力」をアピール

もうひとつ面接の主な内容としては、その企業がどのようなサービスを提供しているのかやスタッフがどんな業務をしているのかなどを採用担当者の方から説明を受けます。

この時に、応募者側からの質問はないか聞かれることがほとんどなので、前もってその会社のサービスなどをしっかりと下調べし、聞きたいことを事前に準備しておくべきです。

そして絶対に質問をすべきです。

応募者の方から質問をすることで本当にこの会社で働きたい!興味がある!という熱意をアピールすることが出来るからです。

ただ、質問内容が“ググればわかる”ようなものでは逆効果になりかねません。

「そんなことくらい下調べしてこいよ。」と思われるかもしれないからです。

なので例えば、あえて同業他社の名前を出しながら業界の実情なんかの突っ込んだ質問をしていくのです。

もちろんそのためには応募した会社のことだけでなく同業他社のサービス内容まで下調べしておく必要がありますが、その業界への関心度をさりげなく興味をアピールできます。

また、「スタッフの方が働いている現場を見せてもらえませんか?」といってオフィスを見せてもらうのも面白い方法です。

採用されれば実際に働く現場なのですから、実際に見ておきたいというのもありますし、本当にここで働きたいと考えているということを感じさせることができます。

さらにその時スタッフの方に質問をしたり会話をしてちょっとしたコミュニケーションがとれれば「コミュニケーション能力」「社交性」もアピールできます。

 

未経験Webデザイナーが転職面接を突破する一番のポイントは「スキル」より「熱意」

Web業界では深夜まで残業することも多く、働くのはそれなりに過酷でなので辞めていく人も多い業界です。

未経験者ならなおさらで、入社してすぐに辞めてしまう人も少なくありません。

だからこそ採用する側も“忍耐強く頑張れる人”かどうかが一番ポイントになってくるのです。

未経験Webデザイナーなら背伸びしてスキルをアピールしようとしても“ボロ”が出てしまうのがオチなので、「熱意」や「やる気」「コミュニケーション能力」といった部分を積極的にアピールすることが就職面接を突破する一番の近道でしょう。

 

転職エージェントに登録して転職のプロにサポートしてもらおう

未経験の方が転職面接を乗り切るには、やはりWeb業界に特化した転職エージェントを利用するのが有利。

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書の書き方、面接対策など転職活動をサポートしてくれるサービスのこと。

Web業界に強い転職エージェントは数多くありますが、一番のおすすめは業界トップクラスの求人数を保有する「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリアは、キャリアコンサルタントの実績と丁寧な対応に定評がある、IT/Web系のデザイナー、エンジニア向けに特化した転職エージェント。

IT・Webの業界や技術に精通した専任スタッフが、キャリアの相談から企業の紹介、条件面交渉など転職活動をトータルにサポートしてくれます。

クリエイティブ系専門の転職エージェントの中では一歩抜きん出た存在と言えますね。

初めて転職活動をするなら、とりあえず登録だけはしておきたい転職エージェントです。

レバテックキャリア公式サイト↓

関連記事 Webデザイナー向け転職エージェントおすすめBest3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

関連コンテンツ

Webデザイナーが初めての転職活動でも失敗しない転職エージェント

Webデザイナー向け転職エージェントおすすめBest3

Webデザイナー向けの転職エージェントとは 転職エージェントとは、自分に合った企業の求人紹介や履歴書の書き方、面接対策など、様々な転職活動のサポートをしてく…

web制作会社は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界の会社に勤めていると離職率の高さを実感します。 私は現在フリーランスとしてwebデザイナーをやっていますが、以前はとあるweb制作会社に勤めていま…

webデザイナーとして独立する前に身につけたい経営者意識

Webデザイナーとして独立する前に身につけたい経営者意識

自分も近い将来、独立してフリーランスのwebデザイナーになろう!と思っている方に。 将来Webデザイナーとして独立しようと考えている方が独立する前に身につけ…

30代未経験からwebデザインを学ぶ方法

Webデザイナーに転職したい人がWebデザインを学ぶおすすめの方法

Webデザイナーに転職するためにwebデザインを一から学びたいけど、いったいどうやって勉強したらいいんだろう… と悩んでいる方は多いと思います。 そこで、…

フリーランスとして独立するまでのWeb業界での働き方

フリーランスWebデザイナーとして独立するまでの働き方

将来、フリーランスのWebデザイナーとして独立したいという夢を持ちながらWeb業界の会社に勤めている方も多いかと思います。 そういった場合、どのような目標設…

パソコンがあるデスク

webデザイナーに転職したい人がデザインセンスを身につける方法

「このデザインすごくセンスいいね」 「私はデザインセンスがないから」 こんな言葉をよく聞いたり言ったりしていませんか? webデザイナーへの転職を考えて…

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは多くの人が目指している職業であることから、“飽和状態”とも言われています。 未経験からwebデザイナーに転職したいとお考えの方にとっては特…

パソコンをする女性

Webデザインを趣味でやっている「アマチュア」と、仕事としてやっている「プロ」の違い

Webデザイナーの中には、仕事としてではなく趣味でWebデザインをしているアマチュアの方もいます。 その中には仕事としてWebデザインをするプロのWebデザ…

過労で疲れた男性

webデザイナーが働く業界は離職率が高く過酷なのにブラック企業と呼ばれない理由

最近何かと話題に上がり、社会問題にもなっている「ブラック企業」。 ご存じの通り「ブラック企業」とは、長時間におよぶサービス残業や手当なしで休日出勤させるなど…

仕事をするwebデザイナー

webデザイナーの仕事が「ブラック」ではないと言える理由

ここ数年、世間では過酷な労働を強いる企業が名指しで取り上げられ、「ブラック企業」や「ブラック労働」といったレッテルを貼られたりして社会問題化しています。 こ…

上に戻る▲