Webデザイナーに転職したい人がWebデザインを学ぶおすすめの方法

[カテゴリ]webデザイナー転職

Webデザイナーに転職するためにwebデザインを一から学びたいけど、いったいどうやって勉強したらいいんだろう…

と悩んでいる方は多いと思います。

そこで、Webデザイナーに転職したい人がwebデザインを学ぶ3つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Webデザイナーに転職したい人がwebデザインを学ぶ3つの方法

未経験からwebデザインを学ぶ最適な方法は、現在就業中であるか失業中であるかによっても違います。

また、勉強にかけられる期間やお金によってもその方法は変わってきます。

ですが、基本的には以下の3パターンになるでしょう。

  1. 民間のWeb・IT系PCスクールで学ぶ
  2. 職業訓練校で学ぶ
  3. 独学で学ぶ

 

民間のWeb・IT系PCスクールで学ぶ

おすすめ度:★★★★☆

メリット

  • 豊富なカリキュラムから自由に選べる
  • パソコンや空間設備などの学習環境が良い
  • 優秀な講師がたくさんいる
  • スクールによっては自分の好きな時間に通える
  • 駅前など交通の利便性が良いところにある
  • 転職サポートが充実している

デメリット

  • 学費が高い

 

私も民間のWeb・グラフィック系PCスクールに通っていました。

民間のPCスクールは最も学費がかかりますが、カリキュラムが自由に選べて学習環境も優れています。

学校によって、また選ぶコースによって学費は違いますが、大体50万前後といったところだと思います。

決して安い金額ではありませんが、払えないことはない金額でしょうし、新たな世界に転職するという大転換をしようというわけですから、学費を出し惜しむくらいならWeb業界で活躍して取り返すくらいの気持ちで自己投資する方がいいと思います。

スクールによっては好きな時間を予約して勉強できるところもあるので、休日や空き時間、仕事帰りなど自分の都合に合わせて通うことができたりもします。

また、民間スクールなら転職活動をスタッフが丁寧にサポートしてくれるのもメリット。

学習の部分はカリキュラムに沿って進めていけばある程度身につくわけですが、やはり未経験者にとって一番心配なのは転職できるかどうかですからね。

 

職業訓練校で学ぶ

おすすめ度:★★★★☆

メリット

  • 費用が少なくて済む

デメリット

  • 就業中だと利用できない
  • 定員や募集期間、訓練期間などが決められている
  • カリキュラムが決まっている

 

職業訓練校というと建築業界などのいわゆる“ガテン系”職種をイメージする方が多いと思いますが、実はwebデザインやプログラミングなどのWeb・IT系職種の技能を学ぶこともできるんです。

実際私が入った会社に同期で入社した人も職業訓練校で勉強したと言っていましたし、友人にも職業訓練校でwebデザインを学んで転職し、Web関係の仕事をしている人もいます。

学べる内容や得られるスキルなども転職する上で特に問題はないと思います。

ただ、職業訓練校は就業中の人はNGのようなので、残念ながら仕事を続けながら勉強したい方は利用できませんが、失業中の方なら絶対に職業訓練校がお薦めです。

なぜなら民間のPCスクールに比べて圧倒的に費用が少なくて済むので、利用しない手はないです。

実際に私が行ってたわけではないので詳しいことはわからないのですが、必要な費用は教材費などだけで、たった数千円程度のようです。

もちろん私が通っていたような民間のWeb・グラフィック系PCスクールもお薦めですが、もしも今私が失業中でこれからWeb業界で働くために勉強しようと思ったら間違いなく職業訓練校を選ぶでしょうね。

職業訓練校は定員や募集期間、訓練期間などが予め決められていて事前に面接もあるようですので、申し込みはお住まいの地域にあるハローワークの窓口で行ってください。

 

独学で学ぶ

おすすめ度:★★★☆☆

メリット

  • マイペースで勉強できる

デメリット

  • グラフィック系ソフトを持っていなければ購入しないといけない
  • 教えてもらう人がいない
  • 精神的に不安
  • スキルレベルが判断しづらい
  • 転職活動に不安を感じる

 

web業界に転職するにはある程度の知識と技術を身につけないといけないんですが、別にPCスクールや職業訓練校などの教育機関に通わなければいけないというわけでわありません。

能力が身につきさえすれば独学でもなんら問題ないわけです。

現在ではwebのスキルが学べる様々な書籍がありますし、わからないことがあってもインターネットで検索すればWeb関係の学習サイトがたくさんでてきます。

実はWeb業界の現場で働いている方は、特に学校などでweb制作を学んだわけではなく独学や実務を通して学んだという人が一番多いんですよ。

ただ、知人や友人などに技術的なことやWeb業界のことを教えてもらえる人がいない場合、どうしても精神的に不安に感じるでしょうし、転職するために必要なスキルレベルも判断がつきにくくなります。

転職の場合、のんびり気長にというわけにもいかない状況の方がほとんどでしょうから、やはり民間のPCスクールや職業訓練校をうまく併用しながら学習した方が総合的に考えて有利だといえます。

 

実務未経験の段階でのスキルの差は気にしなくていい

結局会社に入って実務経験を積むとわかるんですが、実務未経験の段階でのスキルの差なんて大したものではなく、ほとんどは実務を通して身につけていくわけです。

ハッキリ言っちゃうと、とりあえず就職できさえすればそれでいいんですよね。

なのであまり勉強期間を長々と続けるのではなく、ある程度できるようになったらどんどん作品をつくってポートフォリオを作成し、転職活動をスタートすることをおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

関連コンテンツ

仕事をするwebデザイナー

webデザイナーの仕事が「ブラック」ではないと言える理由

ここ数年、世間では過酷な労働を強いる企業が名指しで取り上げられ、「ブラック企業」や「ブラック労働」といったレッテルを貼られたりして社会問題化しています。 こ…

フリーランスとして独立するまでのWeb業界での働き方

フリーランスWebデザイナーとして独立するまでの働き方

将来、フリーランスのWebデザイナーとして独立したいという夢を持ちながらWeb業界の会社に勤めている方も多いかと思います。 そういった場合、どのような目標設…

Webデザイナーが初めての転職活動でも失敗しない転職エージェント

Webデザイナー向け転職エージェントおすすめBest3

Webデザイナー向けの転職エージェントとは 転職エージェントとは、自分に合った企業の求人紹介や履歴書の書き方、面接対策など、様々な転職活動のサポートをしてく…

パソコンがあるデスク

webデザイナーに転職したい人がデザインセンスを身につける方法

「このデザインすごくセンスいいね」 「私はデザインセンスがないから」 こんな言葉をよく聞いたり言ったりしていませんか? webデザイナーへの転職を考えて…

Web系企業の求人を効率よく探す方法

Webデザイナーの求人を探すおすすめの方法は?

Webデザイナーの会社とひとくちに言っても実に幅が広く、様々な分野があります。 入社した会社がどんな事業やサービスをしているかによっても経験できることが違っ…

Web業界の就職活動を短期間で乗り切る方法

Webデザイナーの転職活動を短期間で乗り切る方法

PCスクールや独学などでひと通りwebデザインを勉強し、ポートフォリオにする作品もいくつか作成できてしまえば、今度はいよいよ転職活動を始める段階です。 We…

ウェブ未経験者がWeb業界の就職面接を攻略する方法

未経験Webデザイナーが転職面接を攻略する方法

応募・エントリーをして書類選考を通過すると今度は就職面接(採用面接)となります。 面接の回数ですが、中小企業規模であれば1次面接(採用担当者)2次面接(社長…

パソコンをする女性

Webデザインを趣味でやっている「アマチュア」と、仕事としてやっている「プロ」の違い

Webデザイナーの中には、仕事としてではなく趣味でWebデザインをしているアマチュアの方もいます。 その中には仕事としてWebデザインをするプロのWebデザ…

Web業界未経験でも採用される人の共通点

未経験Webデザイナーでも採用される転職活動の戦い方

未経験Webデザイナーが転職活動する際に心配なことは何でしょうか? 色々あるでしょうが、やっぱり一番気になるのはスキルに対する評価ですよね。 未経験Web…

web制作会社は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界の会社に勤めていると離職率の高さを実感します。 私は現在フリーランスとしてwebデザイナーをやっていますが、以前はとあるweb制作会社に勤めていま…

上に戻る▲