30代未経験からwebデザインを学ぶ方法

[カテゴリ]就職・転職

webデザインを一から学びたいけど、いったいどうやって勉強したらいいんだろう…
と悩んでいる方も多いかと思います。
30代未経験からwebデザインを学ぶ最適な方法は、その方が現在就業中であるか失業中であるかによっても違います。
また、勉強にかけられる期間やお金によってもその方法は変わってきます。
ですが、基本的には以下の3パターンになります。

スポンサーリンク

30代未経験からwebデザインを学ぶ方法

  1. 民間のWeb・グラフィックPCスクールで学ぶ
  2. 職業訓練校で学ぶ
  3. 独学で学ぶ

 

民間のWeb・グラフィック系PCスクールで学ぶ

おすすめ度:★★★★☆

メリット

  • 豊富なカリキュラムから自由に選べる
  • マシンや空間設備などの学習環境が良い
  • 優秀な講師がたくさんいる
  • スクールによっては自分の好きな時間に通える
  • 駅前など交通の利便性が良いところにある
  • 就職サポートが充実している

デメリット

  • 学費が高い

民間のPCスクールは最も学費がかかりますが、カリキュラムが自由に選べて学習環境も優れています。
選ぶコースやスクールによって学習費用は違いますが、大体50万前後といったところだと思います。
決して安い金額ではありませんが、30代の方であれば決して払えないことはない金額でしょうし、30代から新たな世界に転職するという大転換をしようというわけですから、学費を出し惜しむくらいならWeb業界で活躍して取り返すくらいの気持ちで自己投資する方がいいと思います。

また、スクールによっては好きな時間を予約して勉強できるところや、オンデマンド方式で勉強するところもあるので、休日や空き時間、仕事帰りなど自分の都合に合わせて通うことができたりもします。
ちなみに僕も民間のWeb・グラフィック系PCスクールであるマルチメディアスクールWAVEという学校に通っていました。

ここのスクールもオンデマンド授業方式で、基本的には授業の動画をみながら自分でカリキュラムを進めていき、わからないことや質問などがあればいつでも講師の方にマンツーマンで教えてもらえるというシステムです。
また、少人数を講師が直接教えるライブ授業というのもあり、現場で役立つ業界の最新知識や必要スキルが学べます。

そして僕にとって一番よかった部分は就職サポートについても全てマンツーマンでスタッフがサポートしてくれたことです。
学習の部分はカリキュラムに沿って進めていけばある程度身につくわけですが、やはり未経験者にとって一番心配なのは就職できるかどうかですからね。
結果的に就職先は求人サイトから自分で探して応募した会社でしたが、その求人サイトWebな人の転職サイトFind Job !は就職サポートのスタッフに教えてもらい知りました。

もちろんこのようなサポートは他のスクールでもされていると思いますので、入学をお考えの方は複数のスクールから比較検討されたほうがいいと思います。

 

職業訓練校で学ぶ

おすすめ度:★★★★☆

メリット

  • 費用が少なくて済む

デメリット

  • 就業中だと利用できない
  • 定員や募集期間、訓練期間などが決められている
  • カリキュラムが決まっている

職業訓練校というと建築業界などのいわゆる“ガテン系”職種をイメージする方が多いと思いますが、実はwebデザインやプログラミングなどのWeb・IT系職種の技能を学ぶこともできるんです。
実際僕が入った会社にほぼ同期で入社した方も職業訓練校で勉強したと言っていましたし、友人にも職業訓練校でwebデザインを学んで就職し、Web関係の仕事をしている人もいますので、学べる内容や得られるスキルなども就職する上で特に問題はないと思います。

ただ、職業訓練校は就業中の人はNGのようなので、残念ながら仕事を続けながら勉強したい方は利用できませんが、失業中の方なら絶対に職業訓練校がお薦めです!
なぜなら民間のPCスクールに比べて圧倒的に費用が少なくて済むので、利用しない手はないです。
実際に僕が行ってたわけではないので詳しいことはわからないのですが、必要な費用は教材費などだけで、たった数千円程度のようです。

もちろん僕が通っていたような民間のWeb・グラフィック系PCスクールもお薦めでなんですが、もしも今僕が失業中でこれからWeb業界で働くために勉強しようと思ったら間違いなく職業訓練校を選ぶでしょうね。

職業訓練校は定員や募集期間、訓練期間などが予め決められていて事前に面接もあるようですので、申し込みはお住まいの地域にあるハローワークの窓口で行ってください。

 

自分で学ぶ(独学)

おすすめ度:★★★☆☆

メリット

  • マイペースで勉強できる

デメリット

  • グラフィック系ソフトを持っていなければ購入しないといけない
  • 教えてもらう人がいない
  • 精神的に不安
  • スキルレベルが判断しづらい
  • 就職活動に不安を感じる

web業界に就職するにはある程度の知識と技術を身につけないといけないんですが、別にPCスクールや職業訓練校などの教育機関に通わなければいけないというわけでわありません。
能力が身につきさえすれば独学でもなんら問題ないわけです。
現在ではwebのスキルが学べる様々な書籍がありますし、わからないことがあってもインターネットで検索すればウェブ関係の学習サイトがたくさんでてきます。
実はWeb業界の現場で働いている方は、特に学校などでweb制作を学んだわけではなく独学や実務を通して学んだという人が一番多いんですよ。

ただ、知人や友人などに技術的なことやWeb業界のことを教えてもらえる人がいない場合、どうしても精神的に不安に感じるでしょうし、就職するために必要なスキルレベルも判断がつきにくくなります。
まして30代ともなるとのんびり気長にというわけにもいかない状況の方がほとんどでしょうから、やはり民間のPCスクールや職業訓練校をうまく併用しながら学習した方が総合的に考えて有利だといえます。

 

実務未経験の段階でのスキルの差は気にしなくていい

30代未経験からwebデザインを学ぶ方法について説明しましたが、結局会社に入って実務経験を積むとわかるんですが、実務未経験の段階でのスキルの差なんて大したものではなく、ほとんどは実務を通して身につけていくわけです。
つまりハッキリ言っちゃうと、とりあえず就職できさえすればそれでいいんですよね。
なのであまり勉強期間を長々と続けるのではなく、ある程度できるようになったらどんどん作品をつくってポートフォリオを作成し、就職活動をスタートする方がいいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

30代未経験からWeb業界で独立するためのキャリアプランニング

30代未経験からWeb業界で独立するためのキャリアプランニング

「キャリアプランニング」という言葉はどんな仕事をしていてもよく耳にする言葉ですし、その重要性も様々なところで語られています。 Web業界でも例外ではなく、独立…

パソコンをする女性

webデザインを趣味としてやっている「アマチュア」と、仕事としてやっている「プロ」の違い

このサイトをご覧の皆さんには、趣味としてウェブデザインをしているアマチュアの方もいらっしゃるのではないかと思います。そしてその中には仕事としてwebデザインを…

仕事をするwebデザイナー

過酷なweb業界の仕事が「ブラック」ではないと言える理由は技術が習得できるから

ここ数年、世間では過酷な労働を強いる企業が名指しで取り上げられ、「ブラック企業」や「ブラック労働」といったレッテルを貼られたりして社会問題化しています。この過…

30代未経験でもWeb制作会社に採用されるポートフォリオの極意

30代未経験でもWeb制作会社に採用されるポートフォリオの極意

デザインやHTMLなどWeb制作の基礎能力がある程度身についたら実際にWebサイトを制作していきましょう。 そして最終的にそれを就職活動用のポートフォリオに使…

Web業界の就職活動を短期間で乗り切る方法

Web業界の就職活動を短期間で乗り切る方法

PCスクールや独学などでひと通りwebデザインを勉強し、ポートフォリオにする作品もいくつか作成できてしまえば、今度はいよいよ就職活動を始める段階です!Web業…

Web業界未経験でも採用される人の共通点

Web業界未経験でも採用される人の共通点

Web業界の未経験者が就職活動でもっとも気になることといえばやっぱりスキルに対する評価ですよね。 僕も一番の不安はそこでした。僕自信も実際求人に応募しても書類…

ウェブ未経験者がWeb業界の就職面接を攻略する方法

ウェブ未経験者がWeb業界の就職面接を攻略する方法

応募・エントリーをして書類選考を通過すると今度は就職面接(採用面接)となります。 面接の回数ですが、中小企業規模であれば1次面接(採用担当者)2次面接(社長面…

過労で疲れた男性

webデザイナーが働く業界は離職率が高く過酷なのにブラック企業と呼ばれない理由

最近何かと話題に上がり、社会問題にもなっている「ブラック企業」。ご存じの通り「ブラック企業」とは、長時間におよぶサービス残業や手当なしで休日出勤させるなど法令…

パソコンがあるデスク

webデザイナーがデザインセンスを身につける方法

皆さんはよく「このデザインすごくセンスいいね」とか「私はデザインセンスがないから」なんていうことを言ったり聞いたりしませんか?webデザイナーを目指している方…

web制作会社は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界の会社に勤めていると離職率の高さを実感します。僕は現在フリーランスとしてwebデザイナーをやっていますが、以前はとあるweb制作会社に勤めていました…

上に戻る▲