Web業界の就職活動を短期間で乗り切る方法

[カテゴリ]就職・転職

PCスクールや独学などでひと通りwebデザインを勉強し、ポートフォリオにする作品もいくつか作成できてしまえば、今度はいよいよ就職活動を始める段階です!

Web業界への就職活動といっても、基本的には普通の就職・転職の際に行うことと同じです。

スポンサーリンク

就職活動の基本的な流れ

  • 求人を探す
  • 応募(履歴書・作品提出)
  • 面接

 

唯一普通の就職・転職との違いがあるのはスキルを判断するためにポートフォリオ(作品集)が必要だという部分です。
実務経験が豊富な方などは、職務経歴書だけで能力を判断する場合もありますが、未経験の場合は作品は必須でしょう。

僕の経験上、30代未経験からの就職・転職活動において一番のポイントはモチベーションです。
ただでさえ30代未経験という不安がある中で活動期間があまりダラダラと長引いてしまったりすると、せっかくWeb業界で頑張ろう!と気持ちが盛り上がっていたのに、段々とモチベーションが下がってきてしまいます。

とにかく大事なのは「集中して一気に乗り切る!」ということです。

1社応募・面接して結果を待って、ダメだったら次を探す。といったやり方では活動期間が長引き、不採用になる度いちいちショックを受けたりするんですよね。
これはモチベーション的に最も避けたい状態です。
なのでいいと思う求人が出ればバンバン応募して、常に複数の求人にエントリーしている状態をキープしましょう。

この状態にすれば面接などのスケジューリング調整が少し大変だったりしますが、モチベーションが下がることはなく、仮に不採用が続いても「求人なんて星の数ほどある!」「エントリーも面接もいくらやってもタダ!」といった風に良い意味で楽観的になれます。
そうするとイキイキとした就職活動になり、その雰囲気は面接での印象などにも自然と現れてきます。

採用面接が好きな人なんてほとんどいないので、できればさっさと終わらせて早く働き始めたいですしね。
もちろん就職先が決まればその会社で働くわけですから、後で後悔しないように会社選びをしないといけないです。
でも実際は入ってみないとわからないというのが現実なので、あまり慎重になりすぎずにトライしていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは飽和状態ってホント?

webデザイナーは多くの人が目指している職業であることから“飽和状態”といわれることがあります。30代未経験からwebデザイナーになりたいとお考えの方々にとっ…

Web系企業の求人を効率よく探す方法

Web・IT系の仕事(求人)を探す方法

Web業界の会社とひとくちに言っても実に幅が広く、様々な分野があります。 入社した会社がどんな事業やサービスをしているかによっても経験できることが違ってくるの…

30代未経験からWeb業界で独立するためのキャリアプランニング

30代未経験からWeb業界で独立するためのキャリアプランニング

「キャリアプランニング」という言葉はどんな仕事をしていてもよく耳にする言葉ですし、その重要性も様々なところで語られています。 Web業界でも例外ではなく、独立…

パソコンをする女性

webデザインを趣味としてやっている「アマチュア」と、仕事としてやっている「プロ」の違い

このサイトをご覧の皆さんには、趣味としてウェブデザインをしているアマチュアの方もいらっしゃるのではないかと思います。そしてその中には仕事としてwebデザインを…

ウェブ未経験者がWeb業界の就職面接を攻略する方法

ウェブ未経験者がWeb業界の就職面接を攻略する方法

応募・エントリーをして書類選考を通過すると今度は就職面接(採用面接)となります。 面接の回数ですが、中小企業規模であれば1次面接(採用担当者)2次面接(社長面…

30代未経験でもWeb制作会社に採用されるポートフォリオの極意

30代未経験でもWeb制作会社に採用されるポートフォリオの極意

デザインやHTMLなどWeb制作の基礎能力がある程度身についたら実際にWebサイトを制作していきましょう。 そして最終的にそれを就職活動用のポートフォリオに使…

Web業界未経験でも採用される人の共通点

Web業界未経験でも採用される人の共通点

Web業界の未経験者が就職活動でもっとも気になることといえばやっぱりスキルに対する評価ですよね。 僕も一番の不安はそこでした。僕自信も実際求人に応募しても書類…

web制作会社は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界は離職率が高いのに、なぜ「ブラック企業」と言われないのか

web業界の会社に勤めていると離職率の高さを実感します。僕は現在フリーランスとしてwebデザイナーをやっていますが、以前はとあるweb制作会社に勤めていました…

仕事をするwebデザイナー

過酷なweb業界の仕事が「ブラック」ではないと言える理由は技術が習得できるから

ここ数年、世間では過酷な労働を強いる企業が名指しで取り上げられ、「ブラック企業」や「ブラック労働」といったレッテルを貼られたりして社会問題化しています。この過…

パソコンがあるデスク

webデザイナーがデザインセンスを身につける方法

皆さんはよく「このデザインすごくセンスいいね」とか「私はデザインセンスがないから」なんていうことを言ったり聞いたりしませんか?webデザイナーを目指している方…

上に戻る▲